Word 2016 基本講座

既存の文書を開く・閉じる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文書ファイルを開く・閉じる操作を解説します。既存の文書を閲覧・編集するには対象となるファイルを開いて作業し、目的の作業が済んだらファイルを閉じます。
03:34

字幕

このレッスンでは文書ファイルを開く操作と閉じる操作について解説します。Word を起動した直後のスタート画面が表示されています。では文書ファイルを開く操作から見ていきましょう。スタート画面左の「他の文書を開く」をクリックします。開くの一覧から参照をクリックします。「ファイルを開く」のダイアログボックスが表示されました。開くファイルは 01 のフォルダに保存されていますので01 のフォルダをダブルクリックで開きます。Interior Fair のファイルを開きますのでInterior Fair のファイルをダブルクリックするかクリックで選択し、下にある開くボタンをクリックします。これで文書ファイルの Interior Fair を開くことができました。タイトルバーには開いたファイルの名前が表示されます。またタスクバーの Word のアイコンにマウスポインターをポイントすると開いているファイルをサムネイル表示で確認することが可能です。では続けてもう一枚ファイルを開いてみましょう。既に Word で作業中の場合に文書ファイルを開くにはファイルタブをクリックします。左のメニューから開くをクリックします。 開くの一覧から参照をクリックします。先ほど使用した 01 のフォルダが表示されました。では Interior Guide を開きますのでInterior Guide をダブルクリックするかクリックで選択し、開くをクリックします。これで Interior Guide のファイルも開くことができました。このように複数のファイルを開いている場合はタスクバーの Word のアイコンをポイントすると、その開いているファイルをそれぞれサムネイルで確認することができ、サムネイルをクリックして、ウィンドウを切り替えることができます。続いて文書ファイルを閉じる操作を見ていきましょう。複数のファイルを開いて作業中はWord を終了するときと同じ、右上の閉じるボタンをクリックすることで開いているファイルを閉じることができます。ただし、開いているファイルが一枚である時には右上の閉じるボタンをクリックすると、Word そのものが終了します。Word は終了せずに開いているファイルだけを閉じたいという場合には、ファイルタブをクリックし、左のメニューから閉じるをクリックします。これで Word は終了せずに開いているファイルのみを閉じることができます。 続いて最近使ったファイルをすばやく開く操作を見ていきましょう。先程開いた Interior Fair のファイルをもう一度開いてみます。ファイルタブをクリックします。「最近使ったアイテム」をクリックすると最近使用したファイルの一覧が表示されます。ここで開きたいファイルをクリックするだけで目的のファイルをすばやく開くことができます。このように文書ファイルを開くにはファイルタブをクリックし「開く」をクリックして参照ボタンを使ってダイアログボックス内で使用するファイルを選択したり最近使ったアイテム一覧から素早くファイルを開くことも可能です。このレッスンではファイルを開く操作と閉じる操作について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。