Word 2016 基本講座

Word 2016 の画面構成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Word 2016 の画面の構成要素について解説します。各要素の正式名称や役割を知ることで操作の理解度が増し、学習効率が向上します。このレッスンは重要です。
04:40

字幕

このレッスンでは Word 2016 の画面構成について解説します。各要素の正式名称や役割を知ることで操作の理解度が増し、学習効率がより向上するでしょう。Word で文章を編集中の画面が表示されています。では、これから Word の画面構成を見ていきましょう。画面の一番上の細長い領域を「タイトルバー」と言います。タイトルバーには使用しているアプリケーション名と開いているファイル名が表示されます。タイトルバーの右にはウィンドウを操作する「閉じる」ボタンや「元に戻す」ボタン、「最小化」ボタンなどが配置されています。タイトルバーの左には普段よく使用するコマンドのボタンを配置しておくことができる「クイックアクセスツールバー」が用意されています。続いて、その下の少し幅広の横長の領域に注目しましょう。こちらを「リボン」と言います。リボンには Word で実行するコマンドが機能ごとに分類されて各タブに配置されています。各タブ見出しをクリックするとタブを切り替えてそれぞれのコマンドを実行することが可能です。通常は「ホーム」タブを選択しておきましょう。「ホーム」タブには「フォント」グループや「段落」グループといった普段よく使用するコマンドが用意されています。 また、それぞれのグループの右下には「ダイアログ起動ツール」という小さいボタンがありこちらをクリックするとクリックしたグループに該当するダイアログボックスを表示することができ、複数のコマンドをまとめて実行したりリボンのボタンからでは実行できない詳細設定を行うことも可能です。リボンの一番左端の「ファイル」タブをクリックするとファイルに関する情報やファイルを操作するコマンドの一覧が表示されます。こちらを「バックステージビュー」と呼んでいます。バックステージビューを閉じるにはバックステージビュー左上の左向き矢印をクリックします。これで通常の編集画面に戻ることができます。また、タブの中には特別なタブがあり状況に合わせてのみ表示されるものがあります。例えば、文書内の表の中にクリックでカーソルを移動します。すると、リボンに変化が現れました。「表ツール」という「デザイン」タブと「レイアウト」タブが自動的に表示されます。今、表の中にカーソルを移動したので「表を編集しようとしている」とWord が自動認識し「表ツール」が自動的に表示されます。この様なタブのことを「コンテキストタブ」と呼んでいます。コンテキストタブは操作の対象の選択を解除すると自動的に非表示となります。 表ツール以外にも「図形」を選択すると「描画ツール」の「書式」タブが表示されます。このような仕組みになっていますので操作の対象を選択するのを忘れないようにしましょう。また、リボンは折りたたんで表示することができます。リボン右下の「リボンを折りたたむ」というボタンをクリックするとリボンが折りたたまれますので作業領域を広くして使うことができます。リボンが折りたたまれている場合には各タブ見出しをクリックすると該当するタブが表示されます。通常の固定状態に戻すにはリボン右下の先ほど折りたたんだボタンが「リボンの固定」ボタンに変化しています。「リボンの固定」ボタンをクリックすることで通常の固定状態に戻すことができます。では続いて、その他のインターフェースも見ていきましょう。画面の大部分を占める実際に文章を作成する領域を「文書ウィンドウ」と言います。文書ウィンドウの右にはスクロールバーが用意されていて画面の見えていない部分を表示することができます。スクロールバーの下向き三角や上向き三角をクリックして画面をスクロールすることができます。画面の一番下には「ステータスバー」が表示されています。このステータスバー上には文書の情報が表示されます。 文書内に文字が何文字あるか何ページで構成されているかなどを確認することができます。また、ステータスバー右端には拡大 / 縮小するための「ズームスライダー」も用意されています。このレッスンではWord の画面構成について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。