Word 2016 基本講座

作業しやすいように画面の表示を調整する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Word 2016の 画面表示を作業しやすいように調整する方法について解説します。画面のスクロールやズーム機能、文書表示モードの変更やステータスバーの活用など豊富な機能が用意されています。
04:55

字幕

このレッスンでは Word の画面表示を作業しやすいように調整する方法について解説します。画面のスクロールやズーム機能、文書表示モードの切り替えやステータスバーの活用など豊富な機能が用意されています。まずは画面のスクロールから見ていきましょう。画面に表示されていない部分を表示することをスクロールすると言います。文書ウインドウ右にありますスクロールバーを使って画面をスクロールすることができます。スクロールバーの下向き三角をクリックするか下向き三角を抑えたままにすると下に、上向き三角をクリックするか上向き三角を抑えたままにすると上にスクロールすることができます。またスクロールボックスをドラッグしてすばやくスクロールを実行することも可能です。さらにマウスがホイールマウスの場合には、ホイールを使ってスクロールすることもできますね。今回のように縦長の文書の場合には垂直スクロールバーが表示され、もし横に長い文書を作成している場合には、画面の下に水平のスクロールバーが表示されます。では続いて画面を拡大・縮小するズーム機能について見ていきましょう。ステータスバー右端に用意されているのがズームスライダーです。 ズームスライダーのプラスのボタンが拡大ボタンです。拡大ボタンをクリックすると大きく拡大することができ、細かいところをチェックすることができます。マイナスのボタンが縮小ボタンです。縮小ボタンをクリックすると、画面を縮小することができ、文書全体のバランスを確認することもできます。また何パーセントと表示されている所をクリックすると、ズームのダイアログボックスを表示することができ、倍率を数字で指定したり複数ページの表示に簡単に切り替えることもできます。倍率を数値で指定する場合には、ワードでは 10% から 500% まで指定が可能です。では 100% に戻しておきますので100% をクリックし、OK ボタンをクリックします。続いて Word の文書表示モードについて見ていきましょう。リボンの表示タブをクリックします。表示タブの左には、表示グループが用意されています。「閲覧モード」「印刷レイアウト」「Web レイアウト」「アウトライン」「下書き」と5つ表示モードが用意されています。通常は印刷レイアウトモードで使っていきましょう。この印刷レイアウトモードというのは印刷した時とほぼ同じイメージで編集を行うことができ、結果を確認しながら作業を進めることができるモードです。 それ以外のモードについても簡単に見ておきましょう。一番左端の閲覧モードをクリックすると、画面上で文書を閲覧するのに適したモードに切り替わります。右向き三角や左向き三角のナビゲーションをクリックして画面上で文書が閲覧しやすくなります。閲覧モードから印刷レイアウトモードに戻るには、ステータスバー上の印刷レイアウトのボタンをクリックします。これで印刷レイアウトモードに戻ることができます。その他にも 「Web レイアウト」というモードをクリックで選択すると、ウェブブラウザでの表示を確認しながら作業を行うことができ、文書情報が簡略化される下書き表示や、長文作成に使用すると便利なアウトライン表示モードなども用意されています。基本的な文書作成では、印刷レイアウト表示が適しています。印刷レイアウト表示にしておきましょう。では続いてステータスバーの活用について見ていきましょう。画面一番下のステータスバーには文書の情報が表示されています。初期設定では文書内の文字数やページ番号などが表示されています。ステータスバー上を右クリックするとショートカットメニューを表示することができ、ステータスバーに文書情報をチェックを付けて表示することができます。 例えば行番号、初期設定ではチェックが付いていません。行番号をクリックしてチェックを付けるとステータスバー上に行番号の表示が追加されました。カーソルのある位置が何行目であるかを確認することができます。このようにステータスバー上を右クリックしてショートカットメニューから表示する情報を切り替えることができます。このレッスンでは、スクロールバーやズーム機能、文書表示モードの切り替えやステータスバーの活用など作業しやすいようにWord の画面表示を調整する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。