Word 2016 基本講座

文書を印刷する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文書の印刷について解説します。印刷を実行する前にプレビュー画面で印刷イメージを確認することができます。印刷オプションを設定してさまざまな形式で印刷を実行することも可能です。
05:28

字幕

このレッスンでは「文書の印刷」について解説します。印刷を実行する前にプレビュー画面で印刷イメージを確認することができます。また、印刷のオプション設定を行うことで様々な形式で印刷を実行することができます。Word で文書が作成されています。ステータスバーを見ると1/7 ページと表示されています。この文書が7ページで構成されているということがわかります。では この文書を印刷する操作を見ていきましょう。まずは印刷プレビュー画面で印刷イメージを確認します。「ファイル」タブをクリックし「印刷」をクリックします。バックステージビューの右には印刷プレビュー画面が左には印刷の設定項目が表示されます。ではこれから印刷プレビューを確認して、印刷する内容をしっかりと確認していきましょう。印刷プレビューの下には、ページ切り替えのナビゲーションが用意されています。右向き三角や左向き三角をクリックして切り替えて確認しましょう。また 右下にはズームスライダーがありますので +のボタンをクリックして拡大して細かい所をチェックしたり-ボタンをクリックして縮小し全体のバランスを確認することもできます。また 右端の「ページに合わせる」というボタンをクリックするとページに合わせて自動的に倍率が調整されます。 印刷プレビューを確認したのち手直しが必要になった場合にはバックステージビューを閉じて編集画面に戻ります。バックステージビュー左上の左向き矢印をクリックします。編集画面に戻りました。手直しが完了した後は再度「ファイル」タブをクリックし「印刷」をクリックして、印刷プレビュー画面でチェックしていきましょう。この様に印刷を実行する前に印刷プレビュー画面を確認することで印刷ミスを事前に防ぐことができます。では 続いて 印刷のオプション設定を見ていきましょう。印刷プレビューの左には印刷の設定項目が表示されています。では 幾つかの代表的な設定項目を見ていきましょう。まずは 印刷する範囲を指定できます。初期設定では「すべてのページを印刷」となっています。下向き三角をクリックすると「現在のページを印刷」あるいは「ユーザー指定の範囲」を指定して印刷を実行することもできます。「現在のページを印刷」を選択すると現在プレビュー上に表示されているページのみを印刷することができます。また「ユーザー指定の範囲」にを選択すると下のボックスにカーソルが点滅しページ番号を指定して、指定したページのみを印刷することができます。 例えば「1-3」と入力すると1ページ目から3ページ目まで印刷することができます。「1,3,7」と入力するとカンマで区切られていますので離れたページを印刷することができます。またその下の「部単位で印刷」下向き三角をクリックするとページ単位で印刷に切り替わることができます。この設定項目は複数ページに渡る文書を複数部数、印刷する際に部単位で印刷をするのかページ単位で印刷をするのか印刷をする順番を変えることができて便利です。また下の方にあります現在「1ページ」と表示されているコントロール、下向き三角をクリックすると1ページに複数ページを縮小して印刷することも可能です。また、用紙サイズの指定をポイントすると倍率を変更して拡大・縮小印刷等が出来ます。初期設定では「指定なし」になっていますが例えば A4 で作成した文書をB5 に縮小して印刷するといったようなことが可能になりますので覚えておくと便利でしょう。この様に印刷のオプション設定が豊富に用意されています。では 続いて印刷を実行する操作を見ていきましょう。まずは 使用するプリンターを選択します。プリンターの下向き三角をクリックするとドロップダウンのリストの中に使用できるプリンターの一覧が表示されますのでクリックで選択し、これから印刷に使用するプリンターを選びます。 続いて部数を指定します。スピンボックスの上向き三角や下向き三角をクリックして指定するかテキストボックス内に直接数値を入力して指定することも可能です。使用するプリンターを選択し印刷する部数を指定したら左にある「印刷」ボタンをクリックすると印刷を実行することができます。では「印刷」ボタンをクリックして印刷を実行します。印刷を実行すると自動的にバックステージビューが閉じられて編集画面に戻ります。これで印刷は完了です。このレッスンでは文書の印刷について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。