Word 2016 基本講座

PDFファイルを作成する・開く

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
PDFファイルを作成する、開く方法を解説します。Wordで作成・編集した文書をPDFファイルとして保存することができます。また、既存のPDFファイルをWord文書に変換し、開いて編集するも可能です。
03:55

字幕

このレッスンでは Word を使ってPDF ファイルを作成したり開いて編集する方法について解説します。では Word で作成した文書をPDF ファイルとして保存する操作から見ていきましょう。使用するファイルはインテリアガイドのファイルです。PDF ファイルとして保存する場合にも通常の保存と同じように名前を付けて保存のダイアログボックスを使用します。「ファイル」タブをクリックし「名前を付けて保存」をクリックします。この PC が選択されていることを確認し「参照」ボタンをクリックし「名前を付けて保存」のダイアログボックスを表示します。ナビゲーションウィンドウで保存する先を指定しましょう。続いて「ファイルの種類」に注目します。「Word 文書」となっています。下向き三角をクリックしここで「PDF」 をクリックしましょう。こうすることで Word 文書を PDF に変換して保存することができます。PDF ファイルに変換する際に最適化は、標準と最小サイズを選択することができます。また「発行後にファイルを開く」のチェックボックスにチェックを付けておくとPDF ファイルとして保存したのち自動的に PDF ファイルを開いて確認することができます。 では 下にあります「保存」ボタンをクリックします。すると Word 文書が PDF ファイルに変換されて保存されます。また PDF ファイル閲覧ソフトを使って作成した PDF ファイルを開いて確認することができます。画面をスクロールして確認していきましょう。確認できたら PDF の閲覧ソフトは閉じるボタンをクリックして閉じておきます。では 続いて PDF ファイルを開く操作を見ていきましょう。現在開いているインテリアガイドのファイルは「ファイル」タブをクリックし閉じておきます。Word を使って PDF ファイルを開いて編集することが可能です。今回はサンプルのファイルが用意されていますのでそちらを開いて確認してみましょう。「ファイル」タブをクリックし「開く」をクリックします。「参照」をクリックし、「ファイルを開く」のダイアログボックスを表示します。開きたいファイルは「01」のフォルダに保存されていますので「01」フォルダを選択しサンプル PDF をクリックで選択したら下にあります「開く」ボタンをクリックします。PDF ファイルを開こうとするとPDF ファイルから「編集可能な Word 文書に変換します。」といったメッセージが表示されます。 OK ボタンをクリックし PDF ファイルをWord を使って開くことができました。開いたファイルは Word を使って編集できます。すべてが Word 文書と同じように編集できるというわけではありません。例えばグラフィックスが作成されているファイルはグラフィックス付近の文字列がテキストボックスの中に配置されていますので 通常のWord 文書とは扱いが少し異なります。が、文字列が連続して入力されているような所はクリックでカーソルを出して通常の Word 文書と同じようにキーボードを使って文字を削除したり文字を追加することも可能です。このレッスンでは Word で作成した文書をPDF ファイルとして保存する方法とPDF ファイルを Word 文書に変換し開いて編集する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。