Word 2016 基本講座

文字列を入力する・削除する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文字列の入力や削除について解説します。挿入モードと上書きモードの切り替えについても解説します。
03:44

字幕

このレッスンでは文字列の入力や削除について解説します。また文字入力時の挿入モードと上書モードの切り替え方法についても解説します。使用する文書は Text_1 のファイルです。では文字の入力操作から見ていきましょう。3行目の「代理店」の文字の右に「各位」という敬称を入力します。文字はカーソル位置に入力されますのでまずはマウスでクリックするか方向キーを使ってカーソルを入力位置に移動しましょう。続いてキーボードから文字を入力します。これで文字を入力することができました。続いて文字の削除を見ていきましょう。入力した文字を削除するにはキーボードの BackSpace キーを使います。カーソルのある左の文字を削除することができます。入力した文字の右に今カーソルがありますのでここで BackSpace キーをタイプするとカーソルの左の文字を1文字ずつ削除することができます。ちなみにカーソルのある右の文字を削除するにはキーボードの Delete キーを使います。例えば削除したい文字の左にカーソルがあったような場合Delete キーをタイプすることでカーソルの右の文字を1文字ずつ削除できます。では次に挿入モードと上書きモードの違いを見ていきましょう。 Word の初期設定では入力モードは挿入モードになっています。カーソルのある位置に文字が挿入されるという入力モードです。見てみましょう。1行目の「11月」の右にカーソルを移動します。ここにキーボードから「30」と入力し Enter キーを押すと「11月」の右に「30」という文字が挿入されてきましたね。これが挿入モードです。上書モードに切り変えるとカーソルのある右の文字が自動的に上書きされます。見てみましょう。では上書きモードに切り替えたことがよくわかるようにステータスバーに情報を出しておきます。ステータスバー上を右クリックします。’ショートカットメニューの「上書きモード」「挿入モード」という項目をクリックします。こうすることでステータスバー上に現在の入力モードを表示しておくことができます。今は挿入モードになっていますね。では上書きモードに切り替えます。キーボードの Insert キーを押します。こうすることで上書きモードに切り替わりました。では文字を入力する位置にカーソルがあることを確認しキーボードから「30」と入力しEnter キーを押します。すると先ほどとは違いカーソルのある右の文字が上書きされて文字が入力されました。 これが上書きモードです。この様に Insert キーを押すごとに挿入モード、上書きモードと切り替えることができます。通常は挿入モードで使っていきましょう。特に気づかずに Insert キーを押してしまって知らないうちに上書モードになっていたということもありますので注意をしましょう。またステータスバー上に情報を出している場合には挿入モードや上書モードの項目を直接クリックして切り替えることも可能です。では文字の入力に関するキー操作を見ておきましょう。BackSpace キーでカーソルの左をDelete キーでカーソルの右の文字を消すことが出来ます。また Insert キーを使うことで挿入モードと上書モードを切り替えることも可能です。このレッスンでは文字の入力について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。