Word 2016 基本講座

文章を改段する・改行する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文章を入力する際に必要となる新しい段落の作成と段落内で強制改行する方法についてそれぞれの違いを解説します。
03:18

字幕

このレッスンでは 文章を入力する際に必要となる「改段」と「改行」について解説します。新しい段落を作成する「改段」と段落内で強制的に改行する「改行」の違いについて見ていきましょう。使用する文書は Text_1 のファイルです。1番下の段落を使いますので画面を下にスクロールしていきましょう。まずは段落について見ておきましょう。文章内の段落記号から次の段落記号までを1段落と言います。よって この最後の段落は2行ありますが1段落で構成されています。では これから新しい段落を作成する改段の操作を見ていきましょう。改段位置にカーソルを移動します。新しい段落を作成するにはキーボードの Enter キーを押します。Enter キーを押すことでカーソルのあったエッジに段落記号が表示されました。これで1つの段落を2つに分けることが出来ました。段落は書式設定の単位となります。よって 上の段落にカーソルを移動し右揃えすると上の段落だけが右に寄りましたね。下の段落にカーソルを移動し中央揃えをすると下の段落だけが中央によります。この様に段落を分けることで別々の段落書式を適用することができます。では クイックアクセスツールバーの「元に戻す」ボタンを2回クリックし書式設定を戻しておきます。 ちなみに改段を解除するには新しい段落の先頭にカーソルを移動しキーボードの BackSpace キーを押します。これで改段を解除することができます。では 続いて段落の途中で強制的に改行する改行操作を見ていきましょう。先程と同じ位置で改行してみます。段落の途中で改行する場合にはキーボードの Shift+Enter キーです。では キーボードの Shift キーを押さえたまま Enter キーを押します。これで段落の途中で改行することができました。強制改行位置には下向きの矢印が表示されます。2行に分かれましたが段落は1つです。よって いずれかの行にカーソルを移動し右揃えをすると2行とも右揃えとなりますね。この様に強制改行した場合には行は分かれますが段落は1つであるということです。ちなみに強制改行を解除する場合も新しい行の先頭にカーソルを移動しBackSpace キーを押すことで解除することができます。改段と改行の違いを見ていきました。どちらが良いとか悪いというわけではありません。目的に応じて使い分けをしていきましょう。では 改段と改行する時のキー操作を見ていきましょう。Enter キーを押すことで新しい段落を作成する、改段することができます。 Shift+Enter キーで段落の途中で強制的に改行することができます。このレッスンでは文章を入力する際に必要となる「改段」と「改行」の操作について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。