Word 2016 基本講座

文字単位や行単位で編集する範囲を選択する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
編集する範囲を選択する方法について解説します。文書を編集するには編集の対象となる部分を「範囲選択」してからコマンドを実行します。効果的な「範囲選択」や注意点を知ることができます。
04:01

字幕

このレッスンでは「文字単位」や「行単位」で編集する箇所を範囲選択する方法について解説します。効果的な範囲選択や注意点について学んでおきましょう。使用するファイルは Text_1 です。入力されている文章を使って 文字単位での範囲選択から見ていきましょう。文字を選択するにはマウスでドラッグします。選択したい文字の左にマウスポインタをポイントし右に向かってドラッグします。これで文字を選択することができました。選択した文字には薄い色が付いて表示されます。この後、文字書式などのコマンドを実行すると選択した文字のみコマンドが適用されます。範囲選択を解除するには文書内の何もない所をクリックします。文字を選択するには今行った様に左から右に向かってでも右から左に向かってでも構いません、ドラッグしましょう。但しマウスポインタの形には注意が必要です。文字を選択する時のマウスポインタの形はアルファベットの I をかたどったI ビームという形です。例えば選択しようとしてマウスを途中で放してしまった途中からつなげようとするとI ビームにはなりません。このままマウスでドラッグすると違う操作になってしまいます。途中でマウスを放してしまった場合には一旦選択を解除し最初からやり直しをするようにしましょう。 続いて行単位での選択を見ていきましょう。行を選択する場合には、先程と同じようにマウスでドラッグしていってもいいのですがこれでは大変です。そこで行の選択は左余白を使います。目的の行の左余白にマウスポインタをポイントし右向きの白い矢印が表示されたらクリックします。これで1行を選択することができました。複数行選択する場合には そのまま垂直方向に向かってドラッグします。上から下に向かってでも下から上に向かってでも構いません。行を選択する時のポイントは左余白にマウスポインタをポイントし右向きの白い矢印が表示された所でクリックしたりドラッグしたりするようにしましょう。また左余白でトリプルクリックすることで文書全体を選択することもできます。左用余白にマウスポインタをポイントし3回素早くクリックします。するとこの様に文書全体を素早く選択することもできます。では 次にキーボードを使っての効果的な範囲選択を紹介します。キーボードの Ctrl キーを使うと離れている所を選択することができます。見てみましょう。1か所目は普通にドラッグします。次に2か所目を選択する際にキーボードの Ctrl キーを押さえたままドラッグします。 この様に Ctrl キーを押さえてドラッグすることで離れている所を選択することができます。離れている所に同じコマンドを実行したい時などに使っていくと良いでしょう。またキーボードの Shift キーを使うと、連続した範囲を効率よく選択することも可能です。範囲の先頭をクリックしてカーソルを出します。その後、Shift キーを押さえたまま末尾をクリックします。するとカーソルのあった所からShift を押さえてクリックした所までこの様に連続して選択することができます。キーボードを使って この様な範囲選択もできますので覚えておくと良いでしょう。このレッスンでは編集の対象となる部分を範囲選択する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。