Word 2016 基本講座

入力オートフォーマットを適用する・解除する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
入力オートフォーマットの適用と解除について解説します。入力オートフォーマットとは、文字列の入力中に自動的に書式を設定したり、別の文字に置き換えたり、特定の語句を挿入することができる入力支援機能です。
04:29

字幕

このレッスンでは「入力オートフォーマット」について解説します。入力オートフォーマットとは文字の入力中に自動的に書式を設定したり別の文字に置き換えたり特定の語句を挿入することでできる入力を支援する機能です。また、入力オートフォーマットを解除する方法についても紹介します。今回紹介する入力オートフォーマットは「罫線」、「箇条書き」の設定そして「頭語に対する結語」の機能です。まずは「罫線」から見ていきましょう。何も入力していない行の先頭にカーソルを移動しキーボードからマイナス、またはハイフンを3つ以上入力しEnter キーで確定したのちもう一度 Enter キーを押します。するとこの様にに記号が罫線に変換されました。2重線の場合はキーボードからイコールを3つ以上入力し同じようにすると二重線にまた半角のチルダを3つ以上入力し波線に変換することもできます。またオートフォーマットを使って罫線に変換された場合には記号に戻したい時、左上に表示されますオートコレクトのオプションボタンをクリックし、「元に戻す」をクリックすると記号に戻すことができます。もう一度「オートコレクトのオプション」ボタンをクリックし、やり直しをすると罫線に変換することが可能です。 では、続いて箇条書きの設定も見ていきましょう。今回は、段落番号付きの箇条書きをオートフォーマットを使って作成してみます。何も入力していない行の先頭にカーソルを出します。キーボードから「1 .」と入力しその後ろに任意の文字列を入力します。その後、更に Enter キーを押すとこの様に段落番号付きの箇条書きが自動設定されます。続けて任意の文字列を入力し更に Enter キーを押すと次の段落番号が表示されました。この様に文字を入力しEnter キーを押すことで次から次へと新しい段落番号付きの箇条書きが設定されます。途中で箇条書きを取りやめたい場合にはもう一度 Enter キーを押すとここで箇条書きを解除することができます。では続いて「頭語に対する結語」の機能を見ていきましょう。何も入力していない行の先頭にカーソルを出します。では、頭語である「拝啓」と入力しEnter キーで改行します。すると「拝啓」に対する、結語の「敬具」という文字が自動的に入力され、右揃えとなりました。「拝啓」以外にも「前略」という頭語を入力しEnter キーを押すと「前略」に対する結語の「草々」という文字が自動的に入力されてきます。 この様に Word には入力を支援するための入力オートフォーマット機能が用意されています。これらの入力オートフォーマット機能は有効、無効を切り替えることができます。見てみましょう。「ファイル」タブをクリックし左のメニューから「オプション」をクリックします。Word のオプションのダイアログボックスが表示されましたら「文章構成」をクリックします。「オートコレクトのオプション」ボタンをクリックします。すると「オートコレクト」のダイアログボックスが表示されますのでここで「入力オートフォーマット」タブをクリックしましょう。ここで様々な入力オートフォーマットの有効、無効を切り替えることができます。例えば、先程確認した「頭語に対する結語を挿入する」という一番下のチェックボックスチェックが付いていますから今有効です。チェックボックスをクリックしてチェックを外すと頭語に対する結語の挿入するための入力オートフォーマットは無効となります。確認できましたら「キャンセル」ボタンをクリックしてキャンセルしておきます。このレッスンでは入力オートフォーマットについて解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。