Word 2016 基本講座

文字書式について

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文字の大きさ・書体・色の変更など、文字列を対象として設定する文字書式に関する基礎知識を学習します。代表的な文字書式の種類と、文字書式の設定時に使用するツールについて解説します。
02:27

字幕

このレッスンでは文字書式の基礎知識を学習します。代表的な文字書式の種類と文字書式の設定をする際に使用するツールについて解説します。文字書式とは一文字ごとに設定できる書式設定です。では代表的な文字書式を見ていきましょう。文字の大きさのことを「フォントサイズ」と言いフォントサイズを変更すると文書にメリハリを付けることができます。書体のことを「フォント」と言いフォントを変更することで文書のイメージを変えることができます。太字や斜体のフォントスタイルを適用すると部分的に文字を強調することができ文字飾りや文字の効果では文字の網掛けや囲み線影や反射を適用することができます。ではこの様な文字書式を設定する時に使用するツールを見ていきましょう。文字書式は「ホーム」タブ「フォント」グループの各ボタンを使って簡単に設定できます。また「フォント」グループのダイアログ起動ツールをクリックして表示される「フォント」のダイアログボックスを使ってまとめて文字書式を設定したり詳細設定を行うことも可能です。また文字を選択した時に表示されるミニツールバーを使って文字書式を設定することもできます。このミニツールバーは表示、非表示を切り替えることができます。 ミニツールバーを非表示にしたいという場合にはオプション設定が可能です。では見ていきましょう。「ファイル」タブをクリックし、左のメニューから「オプション」をクリックします。Word のオプションの「基本設定」が選択されていることを確認し一番上の「選択時にミニツールバーを表示する」初期設定ではチェックが付いていますから選択時にミニツールバーが表示されます。非表示にしたい場合にはチェックボックスをクリックしてチェックを外しておくと良いでしょう。今回は確認できましたら「キャンセル」ボタンをクリックしてキャンセルしておきます。このレッスンでは文字書式の基礎知識について代表的な文字書式の種類と文字書式を設定する際に使用するツールについて解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。