Word 2016 基本講座

文字スタイルや文字効果を設定する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
太字や斜体の文字スタイル[フォントスタイル]や、影や反射などの文字効果の設定について解説します。フォントスタイルや文字効果を適用することで文書内の特定の文字列を目立たせて強調することができます。
06:13

字幕

このレッスンでは太字や斜体などの「文字スタイル」と影や反射などの「文字効果」の設定について解説します。使用するファイルは Font Format_2 です。まずはこれから使っていくツールを見ておきましょう。「ホーム」タブ、「フォント」グループの下の段の左から「太字」「斜体」そして「下線」ボタンそして1つとばして「下付き」「上付き」「文字の効果と体裁」ボタン、これらのボタンを使って文書内の文字を部分的に強調することなどが可能です。まずは太字と斜体の設定から見ていきましょう。本文内の特定の文字だけを太字と斜体を設定してみます。太字を設定したい文字列を範囲選択します。先程確認した太字ボタンをクリックします。すると、選択した文字が太字になりました。太字を設定した所を選択すると太字ボタンが色が付いて表示されます。太字のボタンをもう一度クリックすると、太字を解除することができます。太字は BOLD の頭文字をとってB という表記になっています。太字ボタンの右にあるのが斜体ボタンです。斜体ボタンは ITALIC の頭文字をとってI という表記になっています。斜体も太字と同様にボタンをクリックするだけで選択内の文字を斜体に設定することができます。 こちらも解除をする場合には太字と同様にボタンをもう一度クリックすると解除です。では続いて「下線」のボタンを使って文字に下線を引いてみます。一番最後の行を行単位で選択します。下線の右にあります下向き三角をクリックするとドロップダウンで使用できる下線の一覧が表示されます。では上から2つ目の「二重下線」をクリックします。選択範囲内に下線を引くことが出来ました。下線のボタンも太字や斜体と同様に設定するとボタンに色が付きます。解除する場合にはもう一度U のボタンをクリックするとこれで下線を解除することが可能です。また、下線については下線の色を変更することもできます。下線を引いたのち、更に下線の下向き三角をクリックし下線の色をポイントするとカラーパレットが表示されますのでここで任意の色をクリックします。するとこの様に下線の色を変更することもできます。では次に「下付き」や「上付き」ボタンを使ってみましょう。これらのボタンは文字を小さくして行の上部や下部に配置するボタンです。では箇条書きの2項目の右端にあります※印から右の文字列を上付きに設定してみます。上付きを設定したい文字を文字単位で選択し「上付き」のボタンをクリックします。 すると、この様に文字が小さくなって行の上に配置されました。ちなみに「下付き」をクリックすると、文字を小さくして行の下に付けることができます。下付きや上付きも解除する場合には解除したい所を選択し設定した時に使ったボタンをクリックすると解除することができます。続いて「文字の効果と体裁」ボタンを使って文字に反射を設定してみましょう。文書内の反射を設定したい文字列を選択します。「文字の効果と体裁」ボタンをクリックし「反射」をポイントします。反射の種類が幾つか用意されていますので任意のものをクリックしましょう。これで選択範囲内の文字に反射を設定することができました。ちなみに解除をする時には解除したい文字を選択し「文字の効果と体裁」ボタンから「反射」をポイントしたら「反射なし」をクリックします。これで解除です。「文字の効果と体裁」ボタンには「反射」以外にも「文字の輪郭」や「影」「光彩」等を設定する項目も用意されています。また、文字の効果を組み合わせたスタイルセットも用意されていますのでお好みに合わせて使用していくと良いでしょう。その他にも、文字を強調するツールがありますので簡単に見ていきましょう。「フォント」グループ右上の「囲み線」こちらをクリックすると文字に囲みを付けることができます。 下の段の右から2つ目「文字の網掛け」こちらのボタンをクリックすると文字に網をかけることが出来ます。下の段の左から4つ目の「取り消し線」というボタンをクリックすると文字に取り消し線を引くことができます。また「フォント」グループのダイアログ起動ツールをクリックして「フォント」のダイアログボックスを表示すると複数の文字書式を纏めて設定したりフォントグループのボタンからは指定できない詳細設定も可能です。例えば、傍点を付けたり二重取り消し線を設定するような項目も用意されています。下にプレビュー画面がありますので、確認しながら設定を進めていくことができます。また「隠し文字」というチェックボックスにチェックを付けると印刷には映らない文字として指定することも可能です。このレッスンでは「文字スタイル」や「文字効果」を設定し文書内の特定の文字を強調する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。