Word 2016 基本講座

日本語文書特有の拡張書式を設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
日本語特有の拡張書式の設定について解説します。ふりがな[ルビ]・囲い文字・縦中横・組み文字・割注など日本語の文書を作成する上で効果的な書式が用意されています。
07:21

字幕

このレッスンでは日本語特有の拡張書式の設定について解説します。「ふりがな」「囲い文字」「縦中横」「組み文字・割注」など日本語の文書を作成する上で使用すると効果的な書式設定が用意されています。では見ていきましょう。使用するファイルはKakutyou Syosiki です。ふりがなを表示するルビの機能から見ていきましょう。設定後のように漢字の上にふりがなを表示します。ふりがなを表示したい文字をドラッグで選択します。フォントグループの上の欄の右から2つ目「ルビ」ボタンをクリックします。「ルビ」のダイアログボックスが表示されました。「ルビ」のボックスには「うえち」と入力されています。今回は「うえじ」としますので、クリックでカーソルを出し、文字を編集します。また配置を変えたりフォントを変更することも可能です。下にあります OK ボタンをクリックするとこれで漢字の上にふりがなを表示することができました。ちなみにふりがなを解除するには解除したい文字を選択し「ルビ」ボタンをクリックします。右にあります「ルビの解除」ボタンをクリックし、OK ボタンをクリックするとこれでふりがなを解除することができます。続いて「囲い文字」を見ていきましょう。 囲い文字とは文字を丸や四角、三角等の記号で囲むことができる書式設定です。では設定後のように文字を丸い記号で囲んでみましょう。囲い文字を設定したい文字を選択します。フォントグループ右下の「囲い文字」のボタンをクリックします。「囲い文字」のダイアログボックスを表示することができました。囲い文字の種類は丸が選択されていることを確認し「スタイル」は「なし」「外枠のサイズを合わせる」「文字のサイズを合わせる」と選べるようになっています。真ん中の「外枠のサイズを合わせる」を選択すると文字を小さくして囲い文字が設定されます。右端の「文字のサイズを合わせる」を選択すると文字の大きさをそのままで囲い文字を設定することができます。では今回は真ん中の「外枠のサイズを合わせる」をクリックで選択し、OK ボタンをクリックします。するとこの様に囲い文字を設定することができました。では今度は文字の大きさそのままで囲い文字を設定してみますので設定したい文字を選択し囲い文字のボタンをクリックします。ではスタイルは右端の「文字のサイズを合わせる」をクリックしOK ボタンをクリックします。これで文字の大きさそのままで囲い文字を設定することができました。 ちなみに解除するには解除をしたい文字を選択し囲い文字のボタンをクリックして「スタイル」で「なし」をクリックしてOK ボタンをクリックします。これで解除です。その他にも四角や三角でも囲むこともできますので、またお試し下さい。では続いて「組み文字」の設定を見ていきましょう。組み文字は複数の文字列を上下二段組で一行に表示することができる書式設定です。では株式会社の文字を組み文字にしてみましょう。設定したい文字を範囲選択します。段落グループの上の段の右から3つ目拡張書式のボタンをクリックし「組み文字」をクリックします。「組み文字」のダイアログボックスが表示されました。「対象文字列」が「株式会社」となっていますね。ちなみに組み文字に設定できる文字数は6文字までです。OK ボタンをクリックするとこれで選択した文字列を組み文字として設定することができました。ちなみに解除をするには解除をしたい文字を選択し拡張書式のボタンから「組み文字」をクリックします。左下の「解除」をクリックするとこれで解除することができます。では続いて「割注」を見ていきましょう。割注は長い文字列を上下2段にし一行に表示することができます。 先程の組み文字とは違い7文字以上の文字を扱うことができます。また、括弧で囲むことも可能です。では見ていきましょう。割注を設定したい文字をドラッグで範囲選択します。段落グループの拡張書式のボタンをクリックし「割注」をクリックします。割注のダイアログボックスが表示されますので今回は括弧で囲みますから「括弧で囲む」にチェックを付け括弧の種類は下向き三角から任意のものをクリックで選択しましょう。OK ボタンをクリックします。これで選択した文字を割注に設定することができました。ちなみに解除をするには解除をしたい割注内にカーソルを移動し拡張書式のボタンをクリックします。「割注」をクリックし左下の「解除」ボタンをクリックするとこれで解除です。では続いて「縦中横」の設定を見ていきましょう。画面を下にスクロールして2ページ目を表示します。文字列を縦書きにした場合全角の文字は自動的に縦書きになりますが英語や数字などの半角文字は、90度回転した横向きで表示されてしまいます。そこで縦中横を設定すると縦書きの文書内で水平方向の横向きで文字を表示することができます。ではこの設定後のように半角の文字に縦中横を設定してみましょう。 縦中横を設定したい文字を範囲選択します。拡張書式のボタンをクリックし「縦中横」をクリックします。「縦中横」のダイアログボックスが表示されました。下にあります OK ボタンをクリックします。これで選択した文字を水平方向の横向きで表示することができました。同じようにして「6」と「26」も設定していきましょう。ちなみに縦中横の設定はCtrl キーを使って複数個所を選択し一度に行うことはできませんので1つ1つ行っていきます。範囲選択をしたら、拡張書式から「縦中横」OK ボタンをクリックします。文字を選択し、拡張書式のボタンから「縦中横」、OK ボタンをクリックします。これで縦書きの文書内でも一部の文字を水平方向の横向きに表示することができました。また全角の英語や数字については自動的に縦書きにはなりますが縦中横を設定することもできますので見ていきましょう。縦中横を設定したい文字を選択し拡張書式のボタンから「縦中横」OK ボタンをクリックしてこの様に全角の文字であっても水平方向の横書きで表示することが可能です。このレッスンでは日本語文書特有の拡張書式の設定について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。