Word 2016 基本講座

箇条書きの先頭に記号や番号を付ける

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
箇条書きと段落番号の設定について解説します。指定した段落の先頭に記号や番号を付けて箇条書きとして見栄えよくレイアウトすることができます。
02:46

字幕

このレッスンでは段落の先頭に記号や番号を付ける箇条書きの設定について解説します。使用するファイルはParagraph Format 3 です。案内状が作成されています。箇条書きの3段落のそれぞれの先頭に記号や番号を付けてみましょう。使用するツールを確認します。ホームタブ段落グループの上の段の左端にある箇条書きボタンを使うと記号をその右の段落番号ボタンを使うと番号を付けることができます。では、設定する範囲を選択します。日時から問い合わせまでの3段落を選択します。先程確認した箇条書きボタンをクリックします。これで、各段落の先頭に記号を付けることができました。ちなみ解除をするには解除したい範囲を選択し先程使った箇条書きボタンをクリックします。これで解除です。その右にあります段落番号ボタンをクリックするとこのように段落番号をつけることができます。解除をする場合はもう一度ボタンをクリックすれば解除です。また、これらのボタンには右に下向き三角が用意されています。この下向き三角をクリックすると番号の種類を変更したり記号の種類を変更することが可能です。箇条書きや段落番号の設定は段落書式です。よって、各段落の先頭にのみ記号や番号が付くようになっています。 箇条書きを設定してある段落に文字を追加して複数行にしてみます。2行になりましたが記号がついているのは先頭行のみです。また、段落の途中にカーソルを移動しEnter キーを押して新しい段落を作成すると新しい段落の先頭にも箇条書きの記号がつくようになっています。もし、段落を変えずに強制的に改行のみを行いたい場合は改行位置にカーソルを移動しキーボードのShift キーを押さえたままEnter キーを押すと強制改行することができ段落を変えずに改行のみを行うことができます。強制改行位置には下向きの矢印が表示されます。新しい行の先頭には記号は付きません。この様に強制改行を行いたいときにはShift+Enter キーです。このレッスンでは段落の先頭に記号や番号を付ける箇条書きの設定について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。