Word 2016 基本講座

行・段落の間隔を変更する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
行間や段落間隔の変更について解説します。文書内の特定の行や段落の間隔を適切に調整することで文章が読みやすくなります。
06:38

字幕

このレッスンでは行間と段落間隔の変更について解説します。文章内の特定の行や段落の間隔を適切に調整することで文章が読みやすくなります。では見ていきましょう。使用するファイルはParagraph format 4 です。案内状が作成されています。画面をスクロールして内容が読みやすいか見ていきましょう。本文はとても読みやすいと思います。しかし、箇条書きの項目は少し行が詰まっているように感じます。このような場合は行間を広げていくと見やすくなります。文章内の特定の範囲だけを行間を調整するには段落グループの下の段の真ん中の行と段落の間隔ボタンを使います。では行間を変更したい範囲を選択します。先ほど確認した行と段落の間隔ボタンをクリックし2.0 をクリックします。これで行間を広げることができました。見やすくなりましたね。ちなみに解除をするには解除をしたい範囲を選択し先ほど使ったボタンから1.0 をクリックします。これで解除です。このように行間を調整するだけで文章が読みやすくなり内容が伝わりやすくなりますので覚えておくと良いでしょう。ちなみに特定の範囲の行間ではなく文章全体の行間を調整したい場合にはレイアウトタブのページ設定グループのダイアログ起動ツールをクリックして表示されるページ設定のダイアログボックスの文字数と行数タブで行数を調整すれば良いでしょう。 行数を増やしていくと行間が縮まり行数を減らしていくと行間が広がるようになっています。行と段落の間隔ボタンを使って設定できるその他の設定をサンプル文書を使って見ていきましょう。画面をサンプル文書に切り替えます。まずは行間のオプション設定を見ていきましょう。Word で文章を入力して文字のフォントサイズを大きくした時行間がこのように自動的に広がってしまうことがよくあります。そこで行間を縮めるにはどうすれば良いか見ていきましょう。設定したい範囲を選択し先ほど使った行と段落の間隔ボタンをクリックします。現在行間は 1.0 になっていますのでこれ以上縮めることができないように感じますが「行間のオプション」こちらを使用するとさらに行間を縮めることができます。「行間のオプション」をクリックします。段落のダイアログボックスの表示することができました。ちなみにこのボックスは段落グループのダイアログ起動ツールをクリックして表示することもできます。インテントと行間隔タブの行間に注目しましょう。今「一行」となっていますが下向き三角をクリックするとその他の設定が選べるようになっています。ここで「最小値」をクリックで選択し右の間隔のボックスに「0」と入力することで文字のサイズに合わせて自動的に行間を縮めることができます。 最小値ゼロとなったことを確認しOKボタンをクリックします。これで行の間隔をさらに縮めることができました。このようにしておくと文字サイズに合わせて行間が自動的に変更されます。文字を大きくすると大きくしたなりに文字を小さくすると小さくしたなりに行間が自動的に最小値に調整されます。ちなみに解除をするには解除したい範囲を選択し行と段落の間隔ボタンから1.0 をクリックすれば、これで解除です。段落のダイアログボックスの行間の下向き三角をクリックして表示される「固定値」という設定を使って行間を縮めることもできます。行間で固定値を選択し右の間隔のボックスに間隔を数値で指定すれば良いです。この時には設定対象のフォントサイズに注意をしましょう。現在設定したい対象の文字の大きさは 18 ポイントです。よって 18 ポイントよりも小さい間隔にしてしまうと文字が隠れて見えなくなります。例えば 12 ポイントのままでOK ボタンをクリックするとこのように文字が隠れてしまいますので注意が必要です。間隔は設定対象のフォントサイズ以上のものを指定しましょう。では 18 と入力し OK ボタンをクリックするとこれで行間を縮めることもできます。このようなオプション設定も段落のダイアログボックスを使うと行うことができますので覚えておくと良いでしょう。ちなみに解除をするには「一行」とし OK ボタンをクリックするか行と段落の間隔ボックスで 1.0 を選択するかで解除することができます。 では続いて段落前と段落後の設定を見ていきましょう。ここに5段落あります。今のところ行間も段落後の間隔も一定です。そこで見やすくするために段落後に間隔を追加してみましょう。設定対象を選択します。行と段落の間隔ボタンをクリックし「段落後に間隔を追加」をクリックします。これでそれぞれの段落の後ろに間隔が追加されました。見やすくなりましたね。ちなみに解除をするには解除したい範囲を選択し先ほどのボタンをクリックしたら一番下の「段落後の間隔を削除」をクリックします。これで解除です。ちなみに段落の間隔は段落後の他に段落前に間隔を追加することもできます。今回のような場合には行間を広げてしまうと、例えば行間を2.0 などを選択すると段落内でも行間が広がってしまうので見やすいとは言えません。今回のように複数の行にわたる段落を箇条書きとして設定したような場合には段落の間隔を広げることをお勧めします。このレッスンでは行間と段落間隔の設定について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。