Word 2016 基本講座

用紙サイズ・印刷の向き・余白を設定する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
用紙のサイズ・印刷の向き・余白の設定について解説します。用紙サイズはA4やB5、はがきなどの一般的なサイズの他に独自のサイズを指定することも可能です。
03:43

字幕

このレッスンでは、作成する文書の用紙のサイズ、印刷の向きそして余白を設定する方法について解説します。使用するファイルは Page Layout_1 です。作成されている文書は今のところページレイアウトは変更されていません。Word の既定のままです。では これから、用紙のサイズを変更する操作から見ていきましょう。用紙サイズをはがきに変更します。「レイアウト」タブをクリックします。「ページ設定」グループの「サイズ」のボタンをクリックします。すると、既定では A4 が選択されています。はがきに変更しますので「ハガキ」をクリックします。これで用紙サイズをはがきに変更することができました。用紙のサイズは A4 や B5はがきといったような既定のサイズ以外に一番下の「その他の用紙サイズ」をクリックすると「ページ設定」のダイアログボックスの「用紙」タブを表示することができますのでここでユーザー独自の用紙サイズを指定することができます。見てみましょう。「用紙サイズ」の下向き三角▽をクリックしリストの一番下の「サイズを指定」をクリックします。そしてすぐ下の「幅」と「高さ」のボックスに数値を指定して用紙サイズをユーザー独自に変更することが可能です。 確認できましたら「キャンセル」ボタンをクリックしてキャンセルしておきます。続いて、印刷の向きを確認しましょう。「印刷の向き」のボタンをクリックします。印刷の向きは「縦」と「横」と選択することができます。既定では縦向きになっています。「横」をクリックすると用紙の向きを横にすることが可能です。今回は縦向きを選択しておきます。続いて、余白の設定を見ていきましょう。現在は既定のサイズの余白になっていますからはがきサイズでは少し余白が大き過ぎます。そこで余白を縮めていきましょう。「余白」のボタンをクリックします。今「標準」なっていますので「狭い」という項目をクリックしましょう。こうすると、余白を縮めて狭くすることができます。丁度いい余白の大きさになりました。また余白についても「余白」のボタンをクリックして表示されるドロップダウンリストの一番下「ユーザー設定の余白」をクリックすると「ページ設定」のダイアログボックスの「余白」タブを表示することができますのでここで上下、左右の余白をユーザー独自に変更することが可能です。また、これらのダイアログボックスは「ページ設定」グループのダイアログ起動ツールをクリックして表示することもできます。 余白や用紙サイズなどまとめて設定することも可能です。また、ルーラーが表示されている時には垂直ルーラー上をダブルクリックして素早く「ページ設定」のダイアログボックスを表示することもできますので覚えておくと良いでしょう。ちなみにルーラーは「表示」タブの「ルーラー」にチェックを付けて表示することができます。今回は文書を作成しておきレイアウトを変更していきましたが先にページレイアウトを変更しておき文書を作成していっても良いでしょう。このレッスンでは、作成する文書の用紙のサイズ、印刷の向きそして余白を変更する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。