Word 2016 基本講座

セクション区切りを挿入し、ページのレイアウトを変更する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
セクション区切りの挿入について解説します。セクション区切りを挿入することでセクションごとにページレイアウトの変更が可能です。
06:26

字幕

このレッスンでは、セクション区切りの挿入について解説します。セクション区切りとはレイアウトの区切りの事でセクションを区切ることで1つの文書内でそのセクションごとに用紙のサイズや印刷の向きなどのページレイアウトの変更が可能になります。まず初めに、セクション区切りを挿入しレイアウトを変更した完成例を見ていきましょう。完成例のファイルはpage Layout_after です。ステータスバーを見ると1/5ページと表示されていてこのファイルが、5ページで構成されていることが分かります。1ページ目、2ページ目そして3ページ目までは用紙の向きを縦方向に使って文字方向が横で入力されています。次の4ページ目はというと用紙の向きを横に使って文字方向は縦で作成されています。その下の5ページ目は先程の3ページ目までと同じ様に用紙の向きを縦に使って横書きで作成されています。この完成例の様に同一文書内の特定のページのみをページのレイアウトを変更したい時にはその前後にセクション区切りを挿入します。そして、そのセクションに対してだけページのレイアウトを変更していきます。では、編集前のファイルを開いてセクション区切りを挿入する操作から見ていきましょう。 これから使用する編集前のファイルはPage Layout_4 です。Word で作成した文書は特に指定しない限り何ページあっても1つのセクションで構成されています。そこで現在のセクションが分かる様にステータスバーに情報を出していきましょう。ステータスバーを右クリックして「セクション」をクリックします。これで現在カーソルのある位置のセクションをステータスバーで確認することができます。今のところはどこにもセクション区切りを挿入していませんのでどのページにカーソルを出してもセクションは1のままです。文書の末尾にカーソルを出してもセクションは1と表示されています。この様に Word で作成した文書は特に指定しない限り1つのセクションで構成されています。よって、このままページレイアウトを変更すると全てのページが変更の対象となってしまいます。そこで今回は、和室のページだけを縦書きにしたいので和室のページの前後にセクション区切りを挿入します。セクション区切りを挿入する位置にカーソルを移動します。3ページ目の「和室」の見出しの先頭をクリックして、カーソルを出しましょう。「レイアウト」タブをクリックし「ページ設定」グループの「区切り」ボタンをクリックします。 「セクション区切り」の「次のページから開始」をクリックします。これでカーソルのあった位置にセクション区切りを挿入する事ができました。セクション区切りが挿入されたことが分かるように編集記号を表示しておくと良いでしょう。編集記号が表示されていない場合には「ホーム」タブ>「段落」グループの「編集記号の表示/非表示」ボタンをクリックして表示することができます。編集記号は印刷には写りません。ではこれで、和室のページが2セクション目になりましたので和室のページ内にクリックでカーソルを出しステータスバーを見ておきましょう。ステータスバーにはセクション2と表示されました。では、和室のページが終わった所にもセクション区切りを入れておきましょう。「参考資料」の項目の先頭にクリックでカーソルを出しここに先程と同様にセクション区切りを挿入します。「レイアウト」タブをクリックし「区切り」ボタンをクリックしたら「次のページから開始」をクリックします。これでセクション区切りが挿入され和室のページだけが独立したセクションとなりました。和室のページが2セクション目でそれ以降の参考資料のページは3セクション目となっています。 では、2セクション目にクリックでカーソルを出しこのセクションのみ縦書きに変えていきましょう。「ページ設定」グループのダイアログ起動ツールをクリック「ページ設定」のダイアログボックスを表示します。「文字数と行数」タブで文字方向「縦書き」をクリックします。これで文字方向を縦書きにし用紙の向きを横に変えることができます。注目するのは「設定対象」です。「このセクション」となっています。下向き三角 ▽ をクリックすると「これ以降」や「文書全体」に変えることが可能です。今回はカーソルのある2セクション目だけを縦書きにしたいので「このセクション」となっている事を確認しOK ボタンをクリックします。これで2セクションだけを縦書きにすることができました。後は配置されている画像をドラッグ操作で移動し適当な大きさに調整すると良いでしょう。これで目的のページだけをページのレイアウト変更することができました。複数ページを表示して確認していきましょう。ズームスライダーの右の何%と表示されている所をクリックし「ズーム」のダイアログボックスを表示したら「複数ページ」のボタンをクリックします。ではここで「2×3」をクリックしOK ボタンをクリックします。 すると4ページ目の和室のページだけが用紙の向きが横になって縦書きになっているのが良く分かります。先程の 80% の表示に戻すには何%と表示されている所をクリックし「ズーム」の指定のボックスで「80」と入力してOK ボタンをクリックします。これで先程の 80% の表示に戻すことができます。今回は用紙の向きや文字方向を変更していきましたが用紙のサイズや余白なども「ページ設定」のダイアログボックスを使って変更することができます。このレッスンではセクション区切りを挿入しレイアウトを変更する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。