Word 2016 基本講座

ヘッダー/フッターを設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ヘッダー/フッターの作成について解説します。文書の各ページの上下余白に任意の文字・画像を挿入することができます。長文作成時におすすめの機能です。
04:18

字幕

このレッスンでは、ヘッダー・フッターの設定について解説します。使用するファイルはPage Layout_6 です。この文書は複数ページで構成されています。ステータスバーを見ると1/5ページと表示されていて5ページあることが分かります。ヘッダー・フッターを作成すると文書の上や下の余白に文字や画像を挿入することができます。では、ヘッダーに文字を入力する操作から見ていきましょう。ヘッダーに文字を入力しますのでヘッダーにカーソルを移動します。といっても、普通にクリックしてもカーソルを移動することはできません。そこで使うのが「挿入」タブです。「挿入」タブをクリックして「ヘッダーとフッター」グループの「ヘッダー」ボタンをクリックします。「ヘッダーの編集」をクリックします。これでヘッダー領域にカーソルを出すことができました。それと同時に、コンテキストタブの「デザイン」タブが表示されます。このデザインタブにはヘッダーやフッターを編集する為のツールが用意されています。では、カーソルのある位置に文字を入力していきましょう。今回は「インテリアガイド」と入力します。ヘッダーやフッターに入力した文字も通常の文書内の文字と同じ様に書式設定が可能です。 見てみましょう。書式設定したい文字を選択します。「ホーム」タブをクリックします。では「フォント」グループでフォントサイズを14 ポイントに大きくしてみます。文字が大きくなりました。では、フォントも「ゴシック」体に変更してみましょう。斜体も設定してみます。「斜体」のボタンをクリックします。この様に文字書式を設定したり段落書式を設定することもできます。では「右揃え」ボタンをクリックして右に配置しておきましょう。ヘッダーの編集が済んだらヘッダー・フッターを閉じるという操作をします。「デザイン」タブをクリックしましょう。デザインタブの右端には「ヘッダーとフッターを閉じる」ボタンが用意されています。このボタンをクリックすることでヘッダー・フッターの編集を終了し通常の文書内にカーソルを戻すことができます。では、画面をスクロールして確認していきましょう。特に指定しない限り、複数ページあっても同じヘッダー・フッターが使われるようになっています。長文作成でお勧めの機能です。では、ヘッダーの編集についてもう少し見ていきますのでヘッダー領域にカーソルを出します。先程は「挿入」タブを使ってヘッダー領域にカーソルを出していきましたが既にヘッダー領域に何か情報が入力されている場合にはその入力されている情報をダブルクリックしてこの様にカーソルを出すことができます。 ヘッダーが編集状態になったら先程確認したように「デザイン」タブが表示されます。「ナビゲーション」グループでヘッダー・フッターを切り替えるナビゲーションが用意されていますので使ってみましょう。「フッターに移動」ボタンをクリックするとフッターにカーソルを移動することができます。「ヘッダーに移動」ボタンをクリックするとヘッダーに戻すことができます。また「次へ」ボタンをクリックすると次のページのヘッダーやフッターに素早くカーソルを移動させる事もできます。また今回は、文字を入力していきましたが「挿入」グループには「クイックパーツ」や「画像」を挿入する為のボタンなども用意されています。ヘッダーの編集が済んで通常の文書内にカーソルを移動する時には先程使った「ヘッダーとフッターを閉じる」ボタンをクリックする他に通常の文書内をダブルクリックしてヘッダー・フッターを終了することができます。今回はヘッダー領域に文字を入力し編集していきましたがフッターの場合にも考え方は同じです。フッターを作成するには「挿入」タブをクリックし「ヘッダーとフッター」グループの「フッター」ボタンをクリックして「フッターの編集」をクリックするとフッター領域にカーソルを出すことができヘッダーと同じ様に扱うことができます。 このレッスンでは、ヘッダーとフッターの作成について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。