Word 2016 基本講座

ページ番号を挿入する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ページ番号の挿入について解説します。文書の各ページの上下余白にページ番号を簡単に挿入することができます。長文作成時におすすめの機能です。
02:05

字幕

このレッスンではページ番号の挿入について解説します。使用するファイルはPage Layout 7 です。この文書は複数ページで構成されていますのでページ番号を付けることで扱いやすい資料となります。ではこれから、フッター領域にページ番号を挿入してみましょう。先頭ページ内にカーソルがあることを確認し挿入タブをクリックします。ヘッダーフッターグループのページ番号ボタンをクリックします。ページの下部をポイントし上から二つ目の「番号のみ2」のスタイルをクリックします。これで、フッター領域にページ番号を挿入することができました。下にスクロールして確認していきましょう。1ページ目には、12ページ目には、23ページ目には、3というようにページ番号が挿入されています。ページ番号はフィールドとして挿入されますので後から文書の内容を変更した場合もページ番号は自動的に更新されます。ページ番号を挿入するとコンテキストタブのデザインタブが自動的に表示されます。このデザインタブはヘッダーフッターを編集するボタンが用意されています。また、右端には「ヘッダーとフッターを閉じる」というボタンがありますのでこちらをクリックする事で通常の文書ウィンドウ内にカーソルを戻すことができます。 ちなみにページ番号を解除するには「挿入」タブをクリックし「ページ番号」ボタンをクリックしたら一番下の「ページ番号の削除」こちらをクリックすることでページ番号を削除する事が可能です。また、今回はフッター領域にページ番号を挿入しましたがページの上部を選択するとヘッダー領域にページの余白を選択すると右や左の余白にページ番号を挿入する事も可能です。このレッスンでは、ページ番号の挿入について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。