Word 2016 基本講座

表を挿入する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
表の挿入について解説します。Wordには、すばやく表を作成するためのツールが用意されています。表を使用すると文書内の情報を項目ごとに見やすくまとめて整列できます。
06:40

字幕

このレッスンでは 文書内に表を挿入する方法について解説します。表を使用すると 文書内の情報を項目ごとに見やすくまとめて整列できます。Word には 表を作成するための便利なツールが用意されています。では これから行数と列数を指定して表を作成する方法とマウスでドラッグして表を作成する方法の基本的な操作について見ていきましょう。まずは 行数と列数を指定して表を作成します。この方法ではカーソルのある位置に表が挿入されますので表を挿入する位置にクリックでカーソルを出しておきます。「挿入」タブをクリックし「表」ボタンをクリックします。すると表を挿入するための升目が表示されました。では 3行4列の表を作成しますので3行、4列となる所をマウスでクリックします。これで カーソルのあった位置に3行4列の表を作成することができました。作成した表を削除するにはすぐだったら 元に戻すボタンを使って戻すことができます。そうでない場合には表の中にカーソルを移動し「レイアウト」タブをクリックします。「削除」ボタンをクリックし「表の削除」をクリックするとこれで作成した表を削除することができます。では 行数と列数を指定して 表を作成する操作をもう少し見ていきますので表挿入位置にカーソルがあることを確認し「挿入」タブをクリックして「表」ボタンをクリックします。 升目を指定して表を作成する場合8行10列が限界の様に感じます。そこでこれ以上の表を作成するのは、すぐ下にある「表の挿入」をクリックします。すると「表の挿入」のダイアログボックスを表示することができここで列数と行数を数値で指定することができます。では 行数に「10」と入力しOK ボタンをクリックします。この様に10行の表を作成することができました。行数と列数を指定して表を作成すると行の高さや列の幅が均等な規則的な表が作成されます。では 続いてマウスでドラッグして表を作成する操作を見ていきましょう。「挿入」タブをクリックします。「表」ボタンをクリックします。「罫線を引く」をクリックします。するとマウスポインタの形が鉛筆の形に変化しました。マウスでドラッグして表を作成することができます。では左上から右下に向かってドラッグします。この様に斜め方向に向かってマウスでドラッグすることで表の枠線を描くことができます。枠線を描いた後、横罫線や縦罫線をこの様に自由な位置に描いていくことができます。罫線を描き終わったらこのままではマウスポインタの形が鉛筆の形になっています。通常の状態に戻すにはキーボードの Esc キーをタイプします。 これでマウスポインタの形が通常の形に戻りました。今使った「罫線を引く」ツールは表を作成後に表示される表ツールの「レイアウト」タブにも用意されています。「レイアウト」タブの罫線を引くというボタンをクリックするとマウスポインタの形が鉛筆の形に変化しますので作成している表に後から罫線を追加することも可能です。またこの機能は行数と列数を指定して作成した表でも有効です。後からこの様に罫線を追加することもできます。また「レイアウト」タブには「罫線の削除」というボタンもあります。「罫線の削除」ボタンをクリックするとマウスポインタの形が消しゴムの形に変化します。消したい線をドラッグすることでこの様に罫線を削除することができます。消したい線をドラッグしていくと赤い線が表示されますので消す線の目安にすると良いでしょう。また、罫線を消していった時に点線が残るような場合があります。これはグリッド線と呼ばれて表のレイアウトを保つための線です。透明な線ですので印刷には写りません。ちなみにグリッド線の表示、非表示は「レイアウト」タブの左端の「グリッド線の表示」のボタンをクリックして表示、非表示を切り替えることができます。 この様に「レイアウト」タブの「罫線を引く」、「罫線の削除」ボタンを使って作成した表に 後から罫線を追加したり削除することができます。またこれらのツールを使い終わったらキーボードの Esc キーをタイプしてマウスポインタの形を通常の形に戻すようにしましょう。「レイアウト」タブはコンテキストタブですので作成した表内にカーソルがある時のみ表示されます。表以外にカーソルがあると「レイアウト」タブや「デザイン」タブは表示されませんので注意しましょう。表の中にカーソルを移動することで表ツールの「デザイン」タブや「レイアウト」タブが表示されます。では 表作成の基本的な操作が確認できましたので実際の文書内に表を1つ挿入してみましょう。使用するファイルは Table_1 です。案内状が作成されています。では この文書の19行目の位置に3行2列の表を挿入しましょう。規則的な表を挿入しますので、行数と列数を指定して挿入すると良いでしょう。カーソルのある位置に表が挿入されますので表を挿入する19行目をクリックしてカーソルを出しておきます。「挿入」タブをクリックし「表」ボタンをクリックしたら3行2列となる所をクリックします。 これでカーソルのある位置に3行2列の規則的な表を簡単に挿入することができました。このレッスンでは表の挿入操作について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。