Word 2016 基本講座

表に文字を入力する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
表に文字を入力する操作について解説します。キーボードやマウス操作によるカーソルの移動を理解することで、すばやく文字を入力することができます。
03:20

字幕

このレッスンでは、表に文字を入力する方法について解説します。マウスやキーボードを使ってカーソルを効率よく移動することで表に素早く文字を入力することができます。では見ていきましょう。使用するファイルは、Table 2 です。文書内に表が作成されています。これから、この表内に文字を入力していきましょう。まずは、表内のカーソルの移動から見ていきましょう。マウスでクリックした位置にカーソルを素早く表示することができます。表内の任意のセルをクリックして確認していきましょう。また、マウスでクリックする他にキーボードを使って効率よく表内をカーソル移動できます。キーボードの Tab キーを押します。Tab キーを押すと次のセルと次のセルと効率よくカーソルを表内で移動させることができます。ただし、カーソルが一番最後のセルにあったときにここで Tab キーを押すと新しい行が出来上がります。目的が行の作成でない場合には「元に戻す」ボタンをクリックして戻すようにしましょう。また、キーボードのShift+Tab キーで前のセルへと移動できます。キーボードの Shift キーを押さえてTab キーを押します。するとこのように前のセル前のセルと効率よくカーソルを移動させることができます。 その他にもキーボードの方向キーを使って右のセルや下のセル左のセルや上のセルにカーソルを1つずつ移動させることもできます。注意点があります。Enter キーを押すとカーソルは下のセルには移動せずに同一セル内での段落の作成となります。キーボードの Enter キーを押します。するとこのように同一セル内で新しい段落が作成されました。Enter キーでは、下のセルにはカーソルが移動しませんので注意しましょう。段落の作成を目的としていない場合はBack Space キーを押して解除することができます。では、以上のことを踏まえて効率よく表内に文字を入力していきましょう。ひとつ目のセルにカーソルを移動します。ここには、日時と入力します。文字を入力したらTab キーを押します。これで、次のセルに効率よくカーソルが移動します。では、このセルにも文字を入力していきましょう。文字を入力したら Tab キーを押して次のセルにカーソルを移動します。ではこれ以降も効率よくTab キーでカーソルを移動しながら文字を入力していきましょう。これで表内に素早く文字を入力することができました。このレッスンでは、マウスやキーボードを使って効率よくカーソルを移動し表内に文字を入力する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。