Word 2016 基本講座

行や列を追加する・削除する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
行や列の追加・削除について解説します。既存の表に対して行や列が簡単に追加・削除できるので作業効率が向上します。
03:29

字幕

このレッスンでは 既存の表に行や列を簡単に追加したり削除をする方法について解説します。使用するファイルは Tabel_3 です。作成されている表に行を追加する操作から見ていきましょう。では2行目の上に新しい行を追加してみます。2行目のセル内にカーソルを移動します。「表ツール」の「レイアウト」タブをクリックします。行と列のグループの「上に行を挿入」ボタンをクリックします。これでカーソルのあった行の上に新しい行が追加されました。ちなみに「下に行を挿入」ボタンをクリックすると選択した行の下に行を挿入することができます。続いて行の削除です。行を削除するには削除したい行内のセルにカーソルを移動します。「レイアウト」タブの「削除」ボタンをクリックし、「行の削除」をクリックします。これでカーソルのあった行を削除することができました。今度は 列の挿入と削除を見ていきましょう。1列目の右に新しい列を挿入してみます。1列目のセル内にカーソルを移動します。「レイアウト」タブの「右に列を挿入」をクリックします。これで選択した列の右に新しい列が追加されました。ちなみに左に列を挿入すると選択した列の左に新しい列が追加されます。 列を削除する場合にも 削除したい列内のセルにカーソルを移動し「削除」ボタンをクリックしたら「列の削除」をクリックします。これでカーソルのあった列を削除することができました。列を削除すると表のレイアウトが小さくなりますのでこういう場合には表の右下の調整ハンドルをドラッグして調整するとよいでしょう。この様に「レイアウト」タブには行や列を挿入したり削除をするボタンが用意されてますので覚えておくと良いでしょう。「レイアウト」タブのボタンの他にも行や列を挿入するツールがありますので見ていきましょう。行の境界線にマウスポインタをポイントするとこの様な+の印が表示されます。これは行の挿入ガイドです。このガイドをクリックするとクリックした位置に新しい行を挿入することができます。列の場合も列の境界線にマウスポインタをポイントしガイドをクリックすることで列を挿入することができます。また右クリックのショートカットメニューを使って行や列の挿入や削除も可能です。では 行を削除してみましょう。削除したい行の先頭にマウスポインタをポイントし右向きの白い矢印が表示されたら右クリックします。ショートカットメニューの中に「行の削除」というコマンドがあります。 ちなみに「挿入」をポイントすると行を挿入することもできます。では 削除しますので「行の削除」をクリックします。これで右クリックした行を削除することができました。列の場合も同じように 目的の列の上罫線にマウスポインタをポイントし下向きの黒い矢印が表示されたら右クリックします。「列の削除」をクリックするとこれで列を削除することもできます。このレッスンでは 予め作成されている表に後から行や列を追加したり削除をする方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。