Word 2016 基本講座

表のデザインを設定する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
罫線の種類やセルの色など表のデザインに関する設定について解説します。表のデザインを設定することで美しく見栄えのよい表を作成したり、特定の部分を強調したりできます。
03:36

字幕

このレッスンではセルの色や罫線の種類や色の変更など表にデザインを設定する方法について解説します。デザインを設定することで見栄えの良い表を作成したり特定の部分を強調したりできます。使用するファイルは Tabel_4 です。作成されている表の一列目のセルに色を付ける操作から見ていきましょう。1列目を列単位で選択します。「表ツール」の「デザイン」タブをクリックします。表のスタイルグループの「塗りつぶし」ボタンの下向き三角をクリックします。カラーパレットが表示されますので任意の色をクリックします。これで選択したセルに塗りつぶしを設定することができました。ちなみに解除をするには解除したいセルを選択し塗りつぶしの下向き三角をクリックしたら「色なし」をクリックします。これで解除することができます。続いて表全体の罫線の色を変更してみましょう。表全体を選択しますので表の移動ハンドルをクリックします。「デザイン」タブの「飾り枠」グループの「ペンの色」ボタンをクリックします。初期設定では「自動」が選択されています。カラーパレットの中から任意の色をクリックしましょう。右にあります罫線ボタンの下向き三角をクリックし「格子」をクリックします。 これで選択した表のすべての罫線の色を変更することができました。罫線は今行った「ペンの色」を使って色を変更する他にも「ペンのスタイル」下向き三角をクリックして種類を変更したり、その下の「ペンの太さ」の下向き三角をクリックして線の太さを変更することも可能です。また「飾り枠」グループの左の方に用意されています、「罫線のスタイル」の下向き三角をクリックすると予め用意されているテーマの枠線スタイルの中から、任意のものを選択し「罫線」ボタンを使って罫線の種類を変えることもできます。また、特定の罫線のみを線種変更したい場合にはマウスでドラッグする方法がありますので見ていきましょう。表の中にカーソルがあることを確認し「デザイン」タブを選択します。では分かりやすいように色を赤に変えて線を太くして引いてみます。「ペンの色」ボタン、下向き三角をクリックし赤をクリックします。続けてペンの太さも下向き三角をクリックし「4.5 pt」に変更します。ちなみに初期設定では「0.5 pt」です。では「4.5 pt」をクリックします。マウスポインタの形がペンの形に変化しました。これで変更したい線をドラッグします。この様に特定の線だけを線種変更することも可能です。 マウスポインタの形がペンの形になったままですのでキーボードの Esc キーをタイプしてキャンセルしておきましょう。また「デザイン」タブの「表のスタイル」グループには様々な書式を組み合わせた表のスタイルも用意されていますのでお好みに合わせて使っていくと良いでしょう。このレッスンでは表にデザインを設定する塗りつぶしや罫線の種類の変更について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。