Word 2016 基本講座

画像を挿入する・編集する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の挿入・編集について解説します。文書内に写真やイラストなどの画像を挿入することで文書の内容を視覚的に表現することができます。
04:59

字幕

このレッスンでは Word の文書内に画像を挿入する方法と挿入した画像を編集する方法を解説します。使用するファイルはGraphics_1 です。文書内にこの様に写真などの画像を挿入することで文書の内容を視覚的に表現することができます。では画像を挿入する操作から見ていきましょう。画像はカーソルのある位置に挿入されますので挿入したい位置にクリックでカーソルを移動します。「挿入」タブをクリックし「図」グループの「画像」ボタンをクリックします。「図の挿入」のダイアログボックスが表示されますので挿入したい画像をクリックで選択し、下にあります「挿入」ボタンをクリックします。これでカーソルのある位置に画像が挿入されました。では挿入した画像をサイズを調整していきましょう。挿入した画像をクリックで選択すると周りにはサイズ調整ハンドルが表示されます。このサイズ調整ハンドルにマウスポインタをポイントし二方向の矢印が表示されたら内に向かってドラッグすると小さく外に向かってドラッグすると大きくすることができますので適当なサイズに調整していきましょう。では次に画像を文書内で移動してみます。挿入した画像は初期設定では行に固定されていますのでまずは文字列の折り返しを設定し自由な位置に移動できるように変更しておきます。 クリックで画像を選択します。「図ツール」の「書式」タブに用意されています、「配置」グループの「文字列の折り返し」ボタンをクリックします。初期設定では「行内」が選択されていて行に固定されています。いずれかの折り返しを選択することで自由な位置に選択することができます。では「四角形」をクリックします。これで画像に対して文字列を四角形に折り返すことができます。ドラッグ操作で自由な位置に画像を配置することができますね。折り返しの設定は「四角形」の他にもいろいろとありますのでその目的に応じて使い分けをしていきましょう。また、画像を選択した時に右上に表示される「レイアウトオプション」をクリックして「文字列の折り返し」を指定することもできます。文書内に挿入した画像を選択するとコンテキストタブの「図ツール」、「書式」タブが表示されます。この「書式」タブには画像を編集するための様々なツールが用意されています。少し見ていきましょう。「配置」グループには先程使った「文字列を折り返す」ボタンの他に右下には「オブジェクトの回転」ボタンがあります。こちらをクリックすると左右の方向に「 90 度回転」したり「上下反転」、「左右反転」することもできます。 またその右には「トリミング」ボタンも用意されています。「トリミング」ボタンをクリックすると画像にトリミングするためのガイドが表示されますのでドラッグ操作でトリミングできます。左端の方には「調整」というグループがあり「修正」ボタンをクリックすると画像をぼかしたり、鮮明にしたり「明るさ/コントラスト」を変更することや「色」のボタンをクリックして色のトーンを変えることなども可能です。また「アート効果」のボタンをクリックすると画像に特殊効果を設定することもできます。「図のスタイル」グループの右上にあります「図の枠線」をクリックすると画像の周りの枠線の色を変えたり「太さ」を使って枠線の太さを調整することもできます。「図のスタイル」ギャラリーでは予め用意されているスタイルの中からお好みのものをクリックすることでこの様に画像に対してスタイルを設定することもできます。画像に行っていった編集は「調整」グループの「図のリセット」というボタンをクリックすると解除することができますので覚えておくと良いでしょう。ちなみに文書内に挿入した画像そのものを削除するには削除したい画像をクリックで選択しキーボードの Delete キーをタイプすると画像を削除することができます。 このレッスンでは文書内に画像を挿入し編集する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。