Word 2016 基本講座

ワードアートを挿入する・編集する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ワードアートの挿入・編集について解説します。ワードアートとは装飾された文字列のことで文書内ではグラフィックスオブジェクトとして扱うことができます。インパクトのあるタイトルやロゴマークなどを作成することができます。
05:32

字幕

このレッスンでは文書内にワードアートを挿入する方法と挿入したワードアートを編集する方法について解説します。ワードアートはこの様に装飾された文字列のことで文書内ではグラフィックスオブジェクトとして扱われます。ワードアートを作成するとインパクトのあるタイトルやロゴマークなどを作成することができます。ではワードアートを挿入する操作から見ていきましょう。使用するファイルはGraphics_2 です。ワードアートはカーソルのある位置に挿入されますので任意の位置にカーソルを出しておきましょう。「挿入」タブをクリックします。「テキスト」グループの「ワードアートの挿入」ボタンをクリックします。「ワードアートの挿入」では先にスタイルを選択します。ここで選んだスタイルは後から変更することが可能です。では任意のスタイルをクリックしましょう。カーソルのあった位置にここに文字を入力と表示されました。ではワードアートにしたい文字列を入力していきます。今回は「INTERIOR GUIDE」としましょう。作成したワードアートはグラフィックスオブジェクトとして扱うことができます。周りの枠線にマウスポインタをポイントし、ドラッグすることでこの様に自由な位置に配置することができます。 またワードアートを選択した時に右上に表示されます、「レイアウトオプション」をクリックして文字列の折り返しを設定することができます。初期設定では「前面」となっていますので文字列の上に前面表示されています。ではここで「レイアウトオプション」の中から「上下」をクリックします。すると、ワードアートに対して文字列が上下に折り返されます。ドラッグ操作をして任意の位置に配置していきましょう。文字列の折り返しについては「レイアウトオプション」を使うほかに「書式」タブの「文字列の折り返し」ボタンをクリックして設定することもできます。作成したワードアートが選択されているとコンテキストタブ、「描画ツール」の「書式」タブが表示されます。この「書式」タブを使ってワードアートを編集することができます。「ワードアートスタイル」グループの「クイックスタイル」のボタンをクリックすると、最初に選択したスタイルを変更することができます。任意のスタイルをクリックすると文字列はそのままでスタイルだけを変更することができました。また「ワードアートスタイル」グループの右上の「文字の塗りつぶし」ボタンの下向き三角をクリックすると文字の塗りつぶしの色を変更することができ、その下の「文字の輪郭」の下向き三角をクリックすると文字の輪郭の色を変更することが可能です。 その下の「文字の効果」のボタンをクリックすると特殊効果を設定することもできます。例えば「変形」にマウスポインタをポイントすると「形状」のグループを使って様々な形状に変形させることができます。任意の形状をクリックしましょう。この様に「書式」タブの「ワードアートスタイル」のグループのボタンを使ってワードアート内の文字に書式を設定することができます。また、ワードアート内の文字のフォントを変更したい場合には「ホーム」タブを使います。見ていきましょう。「ホーム」タブをクリックし「フォント」グループの「フォント」のダイアログボックスの下向き三角をクリックします。ここでフォントを変更することでワードアート内のフォントの種類を変えることができます。では作成したワードアートのサイズ調整ハンドルを使って適当な大きさに調整していきましょう。また、ワードアート内の文字を編集したい場合にはワードアート内をクリックするとカーソルを出すことができここに文字を追加したり削除することができます。ワードアートそのものを削除するにはワードアートをクリックで選択し周りの枠線をクリックします。ワードアート内にカーソルが出ていないことを確認しキーボードの Delete キーを押します。これで削除です。 元に戻すをクリックして戻しておきます。ワードアート内にカーソルがでている時には文字入力状態です。ここで Delete キーを押すと文字が削除されるだけでワードアートそのものは削除されません。ワードアートそのものを削除するには周りの枠線をクリックしてカーソルが出ていないことを確認してからDelete キーを押すようにしましょう。このレッスンではワードアートの挿入と挿入したワードアートを編集する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。