Word 2016 基本講座

図形を挿入する・編集する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
図形の挿入・編集について解説します。文書内に円や三角、星形やブロック矢印など豊富な種類の図形を挿入することができます。挿入した図形に文字列を追加することも可能です。
05:05

字幕

このレッスンでは文書内に図形を挿入する方法と挿入した図形を編集する方法について解説します。また挿入した図形には文字を追加することも可能です。使用するファイルはGraphics_2 です。では図形を挿入する操作から見ていきましょう。「挿入」タブをクリックします。「図」グループの「図形」ボタンをクリックすると挿入できる図形の一覧が表示されます。では四角形を挿入しますので「四角形」グループの先頭の「正方形/長方形」のボタンをクリックします。マウスポインタの形が+の形に変わりました。マウスでドラッグすることにより図形を描くことができます。作成した図形をクリックで選択すると周りには調整ハンドルが表示されます。調整ハンドルにマウスポインタをポイントし内に向かってドラッグすると小さく外に向かってドラッグすると大きくなります。また図形内にマウスポインタをポイントしドラッグすることで自由な位置に配置することができます。図形を選択した時に右上に表示されます「レイアウトオプション」をクリックすると「文字列の折り返し」を指定することが可能です。初期設定では「前面」となっていますので文字の前面に図形が配置されています。 では「上下」をクリックしましょう。すると図形に対して文字列が上下に折り返されました。また作成した図形には文字を追加することができます。見てみましょう。図形をクリックで選択し文字を入力し始めると自動的にカーソルが点滅します。では今回は「INTERIOR GUIDE」と入力していきます。図形に文字を追加すると先程とは少し扱いが異なります。先程は図形内をドラッグして図形を移動できましたが文字を追加した図形は、図形内をドラッグしても文字の選択になってしまい、図形そのものは移動することができません。そこでこの様な場合には図形の枠線にマウスポインタをポイントし枠線をドラッグしましょう。これで図形を移動させることができます。作成した図形を選択するとコンテキストタブの「描画ツール」「書式」タブが表示されます。「書式」タブの「図形のスタイル」のグループのボタンを使って書式を設定することができます。「図形のスタイル」のギャラリーの中で任意のスタイルをクリックします。この様に簡単に図形にスタイルを設定することができました。また、「図形の塗りつぶし」ボタンや「図形の枠線」ボタンを使ってそれぞれ塗りつぶしや枠線の設定を変更したり「図形の効果」では影や反射を設定することもできます。 また、図形内に入力した文字列は通常の文字と同じように「ホーム」タブを使って書式設定が可能です、見てみましょう。図形内の文字をドラッグで選択します。「ホーム」タブをクリックし「フォント」グループのではフォントサイズの下向き三角をクリックしてフォントサイズを大きくしてみます。フォントを変更しますのでフォントの下向き三角をクリックして任意のフォントをクリックします。太字のボタンをクリックして太字も設定してみます。この様に図形内に配置した文字も「フォント」グループの各ボタンを使って書式設定が可能です。では適当なサイズに調整していきましょう。作成した図形内の文字やスタイルはそのままで図形の形だけを変えたい場合には作成した図形を選択し「書式」タブの「図形の挿入」グループの右上の「図形の編集」をクリックします。「図形の変更」をポイントすると変更できる図形の一覧が表示されます。では角が丸い四角形に変更しますので角丸の四角形をクリックします。するとこの様に図形内の文字やスタイルはそのままで図形の形状だけを変更することができます。この様な便利な機能も用意されていますので覚えておくと良いでしょう。このレッスンでは文書内に図形を挿入し挿入した図形に文字を追加したり図形に書式を設定して編集する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。