Word 2016 基本講座

グラフを挿入してデータを視覚的に表現する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グラフの挿入について解説します。文書にグラフを挿入することで数値データを視覚的に分かりやすく表現することができます。
05:44

字幕

このレッスンでは Word の文書内にグラフを挿入する方法について解説します。Word の文書内にグラフを挿入すると数値データを視覚化し分かりやすく見せることができます。ではこの様なグラフを文書内に挿入する操作を見ていきましょう。使用するファイルはGraphics_4 です。グラフはカーソルのある位置に挿入されますので挿入位置をクリックしてカーソルを移動しましょう。今回は3ページ目の3行目です。「挿入」タブをクリックし「図」グループの「グラフ」ボタンをクリックします。「グラフの挿入」のダイアログボックスが表示されました。円グラフを挿入しますので左のグラフの一覧から「円」をクリックします。円グラフにも幾つかの種類が用意されています。今回は一般的な円グラフを使いますので一番左の「円」をクリックします。下にあります OK ボタンをクリックします。これでカーソルのあった位置に円グラフを挿入することができました。それと同時にデータを入力するためのワークシートが表示されます。このワークシートに入力したデータを使ってグラフが作成されます。ではデータを入力していきましょう。B1 のセルをクリックしてアクティブセルにします。 ここには「アンケート結果」と入力します。続けて A 列の項目名を入力しましょう。A2 のセルをクリックしてアクティブセルにし項目を入力していきます。グラフのタイトルや項目名を入力するとグラフ上にもその結果が反映されます。グラフタイトルが「アンケート結果」、そして凡例も入力したデータに置き換わってますね。では続いて実際にグラフ上に表示するデータを入力していきましょう。B2 のセルをアクティブセルにし数値データを入力します。数値データを入力していくとその結果がグラフ上でも反映されます。この様にワークシートに入力したデータを使ってグラフが作成されます。データの入力が済んだらワークシートは「閉じる」ボタンをクリックして閉じておきます。では続けてグラフを編集していきましょう。グラフを作成し、作成したグラフをクリックで選択するとコンテキストタブの「グラフツール」「デザイン」タブと「書式」タブが表示されます。この「デザイン」タブと「書式」タブを使ってグラフを編集することができます。「デザイン」タブの左端には「グラフのレイアウト」というグループがあります。「グラフ要素を追加」ボタンをクリックしてグラフの要素をそれぞれ追加したり削除することが可能です。 また「クイックレイアウト」のボタンをクリックするとグラフの要素を組み合わせたレイアウトが予め用意されていますのでクリックで選択して素早くグラフ全体のレイアウトを整えることができます。では今回は左一番上のレイアウト1をクリックしましょう。グラフのデータ系列にラベルとパーセンテージを表示することができました。見やすいグラフになりましたね。またグラフのスタイルギャラリーでは予め幾つかのスタイルが用意されていますのでお好みのスタイルがあればクリックで選択して使っていくと良いでしょう。また「書式」タブにはグラフのそれぞれの要素の図形のスタイルを変更するボタンも用意されています。例えば今グラフのエリアには枠線が付いています。この枠線の色を変更したり枠線を非表示にする場合には「グラフエリア」をクリックで選択し「グラフツール」、「書式」タブの「図形のスタイル」の「図形の枠線」をクリックします。ここで任意の色を選択したり「線なし」をクリックして枠線を非表示にすることもできます。では「線なし」をクリックします。これでグラフの枠線は非表示となりますので印刷には枠線は写りません。またその上の「図形の塗りつぶし」を使うとグラフの要素に塗りつぶしを設定することも可能です。 続いてグラフの元データを変更する操作を見ていきましょう。グラフをクリックで選択し「グラフツール」の「デザイン」タブをクリックします。右の方にあります「データの編集」ボタンをクリックします。すると、グラフを作成する時に使ったワークシートが表示されます。このワークシート上のデータを変更してグラフ内に表示するデータそのものを更新することができます。また、右端にある「グラフの種類」のボタンをクリックするとグラフの種類を変更することも可能です。この様なボタンも用意されていますので覚えておくと良いでしょう。このレッスンではグラフを作成する操作と作成したグラフを編集する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。