Word 2016 基本講座

スタイルについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数の書式を組み合わせて利用するスタイルに関する「基礎知識」を学習します。スタイルの設定時に使用するツールやスタイルの種類についても紹介します。
02:50

字幕

このレッスンではスタイルについての基礎知識を学習します。スタイルとは何か、どのようなことができてどういう利点があるかを解説した後スタイルの設定に使用するツールや代表的なスタイルの種類についても紹介します。まずはスタイルとは何か見ていきましょう。スタイルとは複数の文字書式や段落書式を1つに纏めて登録したものです。スタイルを登録しておくと普段よく利用する書式の組み合わせを一括で管理することができますので統一感のある文書を効率よく作成することができます。では Word の画面を表示してスタイル設定に使用するツール等を見ていきましょう。使用するファイルはStyle_after です。Word でスタイルを設定する際に使用するツールは「ホーム」タブの「スタイル」グループに用意されています。スタイルギャラリーを使ってスタイルの登録、適用、変更を行うことができます。代表的なスタイルを見ていきましょう。一文字ごとに設定できるスタイルを文字スタイルと言い文字スタイルには「フォント」グループで設定できるフォントサイズやフォント太字や斜体といったような文字書式を登録しておくことができます。その他にも段落書式を登録しておくことができる段落スタイルというものもあります。 他にもスタイルは色々とありますがひとまず文字スタイルと段落スタイルを覚えていきましょう。この文書の「こだわりのインテリア」という所には文字スタイルが適用されています。スタイルが適用されている所にクリックでカーソルを移動するとスタイルギャラリーの適用されているスタイル名が太枠で強調表示されます。カーソルのある所には「スタイル1」が適用されているということです。また文書内に Word の組み込みスタイルである「見出し1」や「見出し2」といったような見出しスタイルが適用されている場合には書式設定に加えてアウトラインレベルも設定されていますので「ナビゲーション」ウィンドウを使ってその見出しごとに項目をクリックして、画面をスクロールして確認することもできます。この「ナビゲーション」ウィンドウは「表示」タブの「表示」グループの「ナビゲーションウィンドウ」にチェックを付けて画面上に表示することができます。このレッスンではスタイルについての基礎知識とスタイル設定時に使用するツールについて解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。