Word 2016 基本講座

任意の書式をオリジナルのスタイルとして登録する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スタイルの登録・適用・変更について解説します。書式の組み合わせをスタイルとして登録しておくと、スタイル名を選択するだけで登録した書式すべてを一度に適用することができます。また、書式の変更も一括で処理可能です。
07:01

字幕

このレッスンではスタイルの登録適用・変更方法について解説します。書式の組み合わせをスタイルとして登録しておくとスタイル名を選択するだけで登録した書式をいちどに適用することができます。また、スタイルの変更も一括で処理する事が可能です。使用するファイルは Style です。ではスタイルを登録する操作から見ていきましょう。スタイルを登録するにはまず文書内に書式を設定します。文書内の任意の文字をドラッグで選択し文字書式を設定しましょう。フォントグループのフォントの下向き三角をクリックしてMS ゴシックをクリックします。太字ボタンをクリックして太字にします。さらに下線の下向き三角をクリックし二重下線をクリックして下線を引きます。フォントの色ボタンの下向き三角をクリックしてカラーパレットの中から赤色をクリックしましょう。今選択したところには複数の文字書式が設定されています。この文字書式の組み合わせをスタイルとして登録していきましょう。スタイルギャラリーを見ると今のところスタイルは標準です。特にスタイルは設定されていません。では、登録操作を見ていきましょう。スタイルとして登録したい書式が設定されているところが選択されている事を確認しスタイルギャラリーの下向き三角をクリックします。 スタイルの作成をクリックします。書式から新しいスタイルを作成のダイアログボックスが表示されました。スタイル名は任意の名前を付けることができます。今回はスタイル1のままでいきましょう。下にあります変更ボタンをクリックして書式をしっかりと確認していきます。注目するのは種類です。今回は一文字ごとに設定できる文字スタイルとしますので下向き三角をクリックし文字をクリックします。書式は先程設定したMS ゴシック太字フォントの色は赤であることが確認できます。また下にありますこの文書のみのオプションが選択されている場合登録するスタイルはこの文書でのみ使用することができます。では、右下にありますOK ボタンをクリックしましょう。これでスタイルの登録は完了です。スタイルギャラリーにスタイル1が表示されました。今行ったようにスタイルを登録するにはまず文書内の任意の文字列に書式を設定しその書式を設定したところを選択しスタイルギャラリーを使って登録していくとよいでしょう。また、文書内に書式を設定していない場合にはスタイルギャラリーの下向き三角をクリックしてスタイルの作成をクリックしたら変更ボタンをクリックして表示されるダイアログボックスの書式グループの各ボタンを使って書式設定をしスタイルを登録していくことも可能です。 では続いて文書内の他の文字列に今作成したスタイル1を適用する操作を見ていきましょう。文書内の任意の文字列を選択します。ここにスタイル1を適用してみます。スタイルギャラリーのスタイル1をクリックします。これで、複数の文字書式を組み合わせたスタイル1を素早く適用することができました。文書内であれば違うページでも適用することができます。2ページ目の任意の文字列を選択しスタイル1をクリックします。このように素早く書式を設定することができます。また、設定したスタイルを解除したい場合には解除したい範囲をドラッグで選択しスタイルギャラリーから標準をクリックすればこれで解除することができます。では続いてスタイルに登録されている書式を変更する操作を見てみましょう。現在スタイル1は文字の色は赤色です。では、スタイル1の文字の色を緑に変えてみます。スタイルを更新する際にはそのスタイルが設定されているいずれかの文字列をドラッグで選択しまずはこの選択範囲のみ文字の色を変更します。では、フォントの色を緑に変えてみます。すると、選択した文字だけが緑色に変わりました。まだスタイルの更新には至っていません。その証拠にスタイルギャラリーの表示は赤色のままです。 もちろん文書内の他の箇所も文字の色は赤色です。では、更新操作を見ていきましょう。変更したい書式が設定されているところが選択されていることを確認しスタイルギャラリーのスタイル1を右クリックします。一番上の選択箇所と一致するようにスタイル1を更新するをクリックします。これでスタイルが更新されました。このようにスタイルに登録されている書式を変更する場合にはまず、文書内のそのスタイルが設定されているところに書式を設定するそして今行ったように変更したい書式が設定されているところを選択し、スタイル名を右クリックして更新することができます。では、文書内のその他のスタイル1が設定されているところも緑色に変わっていることを確認していきましょう。では最後にスタイルを削除する操作を見ていきましょう。スタイルが不要になったあるいは間違って作ってしまったという場合は削除が可能です。スタイルを削除するにはスタイルグループのダイアログ起動ツールをクリックしてスタイルのウィンドウを表示します。削除したいスタイルにマウスポインタをポイントし下向き三角をクリックするとスタイルを削除するための項目が表示されます。では、スタイル1を削除しますのでスタイル1の削除をクリックします。 すると、スタイル1を文書から削除しますかというメッセージが表示されます。「はい」をクリックするとこれでスタイルは削除されました。先程まで表示されていたスタイル1という表示はスタイルギャラリーからなくなります。このレッスンでは、スタイルの登録適用、そして変更操作について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。