Word 2016 基本講座

見出しスタイルを利用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
見出しスタイルの利用について解説します。あらかじめWordに用意されている組み込みスタイルの「見出し」を使うと書式の適用に加えてアウトラインレベルも自動的に設定でき長文作成に効果的です。
05:49

字幕

このレッスンでは見出しスタイルの利用について解説します。Word の組み込みスタイルの見出しスタイルを利用すると書式の適用に加えてアウトラインレベルも自動的に設定できますので長文作成に効果的です。使用するファイルはスタイルです。では 見出しスタイルを適用する操作から見ていきましょう。見出しスタイルは Word の組み込みスタイルです。ホームタブのスタイルグループのスタイルギャラリーには 予め、「見出し1」や「見出し2」といったような見出しスタイルが用意されています。よって ユーザーが見出しスタイルを作成する必要はありません。ではこれから文書内に「見出し1」と「見出し2」を適用していきましょう。見出し1を適用したいところを選択します。スタイルギャラリーの「見出し1」をクリックします。これで選択したところに見出し1を適用することができました。見出し1は書式は12ポイントでゴシック体です。また 見出しスタイルを適用するとアウトラインレベルも自動的に設定されます。ナビゲーションウィンドウには今見出し1を適用した「はじめに」という項目が表示されています。ナビゲーションウィンドウが表示されていない場合には表示タブをクリックし、表示グループのナビゲーションウィンドウにチェックをつけて画面上に表示しておきましょう。 では文書内のその他の箇所にも見出し1を適用していきます。2ページ目の先頭の "エントランス”こちらに見出し1を適用します。同じように2ページ目の真ん中あたりの ”ホール” も見出し1を適用します。3ページ目の先頭の「参考資料」にも見出し1を適用します。このように見出し1を適用することでナビゲーションウィンドウ内に見出し1がこのようにリストアップされてきます。そして各項目をクリックすると見出しごとに画面をスクロールして確認することができます。では 参考資料のページ内の「アンケート結果」と「オーダーフロー」にサブ見出しの「見出し2」を適用します。「アンケート結果”」を選択し、「見出し2」をクリックします。「オーダーフロー」を選択し、「見出し2」を適用します。見出し1が大見出しで、その配下に見出し2がありますのでナビゲーションウィンドウ内でも「参考資料」の配下に「アンケート結果」と「オーダーフロー」がこのように表示されます。ちなみに見出しレベルは1から9レベルまで使用することができます。では 続いて見出しスタイルに書式を追加していきましょう。見出し1は先ほど確認したように12ポイントでゴシック体の書式です。 もう少し目立つようにフォントサイズを大きくしたり、色をつけていきましょう。見出し1が適用されているところを選択します。フォントサイズを18ポイントに大きくし、太字にして段落の背景色も設定してみましょう。段落グループの罫線ボタンの下向き三角をクリックして「線種とページ罫線と網かけの設定」をクリックします。網かけタブをクリックして背景の色を下向き三角で任意の色を選択しましょう。設定対象が段落となっていることを確認しOKボタンをクリックします。では フォントの色を白色に変更していきましょう。書式を追加しました。今は選択したところだけが書式が追加されただけで見出し1そのものは更新されていません。では見出し1を更新します。書式を追加したところを選択しスタイルギャラリーの見出し1を右クリックします。選択箇所と一致するように「見出し1を更新する」をクリックします。これで見出し1に書式を追加することができました。ではその他の見出し1が適用されているところも確認していきましょう。このように組み込みスタイルの見出しスタイルもユーザーが独自に作成したスタイルと同じように書式を追加することが可能です。では見出し2も書式を追加してみましょう。 見出し2が設定されているところを選択します。では 見出し2はフォントサイズは14ポイントにして太字にして段落の下に罫線を引いていきましょう。段落グループの罫線ボタンの下向き三角をクリックして下罫線をクリックします。選択したところに書式を追加することができたら書式を追加したところを選択し、スタイルギャラリーの「見出し2」を右クリックして選択箇所と一致するように「見出し2を更新する」をクリックします。これで見出し2に書式を追加することができました。下にスクロールして確認していきましょう。見出し2が設定されているその他の箇所も更新されています。このレッスンではWord の組み込みスタイルの見出しスタイルを利用してアウトラインレベルを設定したり、見出しスタイルの書式を更新する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。