Word 2016 基本講座

目次を作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
目次の作成について解説します。見出しスタイルのアウトラインレベルを基に目次を自動作成できます。後から文書内容を変更した場合も目次は簡単に更新可能です。長文作成時におすすめの機能です。
05:19

字幕

このレッスンでは目次の作成について解説します。初めに完成例を見ておきましょう。完成例のファイルはChapter10_after です。この文書の先頭ページのように目次を自動作成することができます。目次を自動作成するには、その文書内の目次の項目として表示させたい文字列に見出しスタイルを適用します。見出しスタイルを適用するには適用したい所を選択し「ホーム」タブの「スタイル」ギャラリーから「見出し1」や「見出し2」などの見出しスタイルをクリックします。これで選択した所に見出しスタイルを適用することができます。「見出し1」や「見出し2」といったような見出しスタイルを適用することで書式設定に加えてアウトラインレベルも自動的に設定されます。そのアウトラインレベルを使って目次を自動作成することができます。では目次を作成する操作を見ていきましょう。使用するファイルは TOC という名前のファイルです。ナビゲーションウィンドウを使いますので「表示」タブの「ナビゲーションウィンドウ」にチェックを付けて画面上に表示しておきましょう。文書内には既に見出しが適用されています。ナビゲーションウィンドウ内には見出しの一覧が表示されていますのでそれぞれの項目をクリックしてスクロールして確認することができます。 「見出し1」と、それから「見出し2」が適用されていますね。「見出し1」を適用するとアウトラインレベル1が「見出し2」を適用すると、アウトラインレベルの2が設定されます。では今回はアウトラインレベルの1と2を使って、目次を自動作成していきましょう。先頭ページにカーソルを移動します。先頭ページにカーソルを移動するにはキーボードの Ctrl+Enter キーを押すか「ナビゲーション」ウィンドウの「先頭にジャンプします」というボタンをクリックして素早く文字の先頭にカーソルを移動することができますので覚えておくと良いでしょう。目次はカーソルのある位置に挿入されますので目次を挿入する位置をクリックしてカーソルを移動します。今回は1ページ目の8行目です。「参考資料」タブをクリックします。「目次」グループの「目次」ボタンをクリックします。「ユーザー設定の目次」をクリックします。すると「目次」のダイアログボックスが表示されました。「目次」タブが選択されています。下の方にある「アウトラインレベル」のスピンボックスを使って使用するレベルを設定することができます。今回は見出しスタイルの1、2を使いますので「アウトラインレベル」は2としましょう。 「書式」は下向き三角をクリックして任意の書式を選択することができます。クリックで選択すると、上にあります「印刷イメージ」でその様子を確認することができます。では書式は「フォーマル」をクリックで選択します。またページ番号を表示するチェックが付いていることを確認しましょう。その下の「ページ番号を右揃えにする」にもチェックを付けておきます。では下にあります OK ボタンをクリックしましょう。これでカーソルのあった所にこの様に目次が自動作成されました。文書内に見出しスタイルが適用されていることでそのアウトラインレベルを使って簡単に目次を作成することができます。また作成した目次にマウスポインタをポイントすると「Ctrl を押しながらクリックしてリンクを表示」と表示されます。キーボードの Ctrl キーを押すとマウスポインタの形が指差しマークに変化します。クリックすることで、該当する項目までこの様にジャンプすることができます。また目次を作成した後で文書の内容を変更した場合目次を更新することができます。目次を更新するには「参考資料」タブの「目次」グループの「目次の更新」ボタンをクリックします。すると目次の更新のダイアログボックスが表示されますのでページ番号だけを更新するのか目次をすべて更新するのかを選択し、OK ボタンをクリックします。 これで最新の状態に目次を更新することができました。例えば目次を作成した後で新たにページを追加したり見出しの項目を増やしたりすることもありますので、そのような場合には自動的に目次は更新されませんので今行ったように目次の更新をするのを忘れないようにしましょう。また、作成した目次を削除するには「目次」ボタンをクリックし「目次の削除」をクリックすると目次を削除することができます。このレッスンでは見出しスタイルのアウトラインレベルを元に目次を自動作成する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。