Word 2016 基本講座

クイックパーツを活用して定型要素を挿入する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
クイックパーツの利用について解説します。クイックパーツとは文書作成時によく使う定型的な要素を部品として登録したものです。登録したクイックパーツは文書内に簡単に挿入することができます。
03:58

字幕

このレッスンでは、クイックパーツの利用について解説します。クイックパーツとは文書作成でよく使う定型要素を部品として登録してたものです。登録したクイックパーツは文書内に簡単に挿入することができます。使用するファイルはクイックパーツです。この文書の3ページ目のお問い合わせ先の情報をクイックパーツとして登録していきましょう。登録したい範囲をドラッグで選択します。挿入タブをクリックします。テキストグループのクリックパーツの表示ボタンをクリックします。リストの一番下の「選択範囲をクイックパーツギャラリーに保存」をクリックします。新しい文書パーツの作成のダイアログボックスが表示されました。名前に欄には「お問い合わせ先」と指定されています。これは選択範囲内の1行目が使われます。このままでわかりやすいので今回はこのままにしておきましょう。もちろん、キーボードから文字を入力して変更することが可能です。保存先についてです。今はビルディングブロックスと表示されています。下向き三角をクリックするとノーマルを選択することもできます。ノーマルを選択してもビルディングブロックを選択してもWord で作成する全ての文書で有効です。 もし、今使っている文書がテンプレートであったならそのテンプレート名がリストの中に表示されますのでそのテンプレート名を選択してクイックパーツを登録するとそのテンプレートを元に作成した文書のみでクイックパーツが使えます。では、今回はビルディングブロックを選択しておきます。下にある OK ボタンをクリックしてこれで登録は完了です。登録したクイックパーツはクイックパーツの表示ボタンをクリックするとリスト内にこの様に表示されます。では、登録したクイックパーツを使って文書内の別のページにお問い合わせ先情報を挿入していきましょう。1ページ目の下の方に空欄がありますのでここに挿入します。挿入位置にクリックでカーソルを移動しましょう。クイックパーツの表示ボタンをクリックし挿入したいクイックパーツを今回は「お問い合わせ先」のクイックパーツをクリックします。これでカーソルのあったところにクイックパーツを挿入することができました。この様に文書作成でよく使う定型的な要素を部品として登録し簡単に文書内に挿入することができます。今は同一文書内に挿入していきましたが例えば、新規で作成した文書であっても同じようにクイックパーツの表示ボタンからお問い合わせ先の情報をクリック操作で簡単に挿入することができます。 ちなみに登録したクイックパーツを削除するにはクイックパーツの表示ボタンをクリックし削除したいクイックパーツを右クリックします。下から2つ目の「整理と削除」をクリックします。すると「文書パーツオーガナイザー」というダイアログボックスが表示されます。削除したいクイックパーツが選択されていることを確認し下にある削除ボタンをクリックします。すると、「選択した文書パーツを削除してもよろしいですか」というメッセージが表示されます。「はい」をクリックするとこれでクイックパーツを削除することができます。後は「閉じる」ボタンをクリックすればこれで削除は完了です。クイックパーツの表示ボタンをクリックして確認しておきましょう。先ほど登録したパーツは削除しましたのでリストからはなくなります。このレッスンでは、クイックパーツを使用して定型的な要素を文書内に簡単に挿入する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。