Word 2016 基本講座

クイックアクセスツールバーにマクロ実行ボタンを登録する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
マクロを実行するボタンを作成する方法について解説します。記録したマクロをクイックアクセスツールバーに登録するとボタンをクリックするだけで簡単にマクロを実行できます。
04:54

字幕

このレッスンではマクロを実行するボタンをクイックアクセスツールバーに登録する方法について解説します。クイックアクセスツールバーにボタンを登録しておくとそのボタンをクリックするだけで、記録したマクロを素早く実行することができます。使用するファイルは Macro_2 という名前のマクロ有効文書です。この文書にはマクロが含まれています。では含まれているマクロを確認していきましょう。「表示」タブをクリックし「マクロの表示」ボタンをクリックします。「マクロ」のダイアログボックスが表示されました。「時刻の挿入」というマクロがこの文書には含まれています。では「キャンセル」ボタンをクリックしてキャンセルしておきます。では今確認した時刻を挿入するマクロを実行するためのボタンをクイックアクセスツールバーに登録していきましょう。今クイックアクセスツールバーには時刻を挿入するボタンはありません。クイックアクセスツールバーにボタンを登録するには「ファイル」タブをクリックします。左のメニューから「オプション」をクリックします。「Word のオプション」のダイアログボックスが表示されましたら左のメニューから「クイックアクセスツールバー」をクリックします。 右のボックスに表示されているボタンが現在のクイックアクセスツールバー上のボタンです。ではここに時刻を挿入するボタンを追加していきましょう。「コマンドの選択」の下向き三角をクリックします。「マクロ」をクリックします。すると「時刻の挿入」のマクロが表示されました。「時刻の挿入」のマクロをクリックで選択し真ん中にある「追加」ボタンをクリックします。これでクイックアクセスツールバーに「時刻の挿入」のコマンドを追加することができました。ではボタンの表示名とそれからアイコンを変更していきましょう。追加した「時刻の挿入」をクリックで選択し下にあります「変更」ボタンをクリックします。すると「ボタンの変更」というダイアログボックスが表示されました。現在は左上のアイコンが選択されています。では時刻を挿入するコマンドですので分かりやすいように時計の形のアイコンに変えていきます。時計の形のアイコンをクリックします。また「表示名」も「時刻の挿入」とだけしておきましょう。不要な文字列はカーソルを出してBackSpace や Delete で削除しておきます。OK ボタンをクリックします。これでボタンの表示名とアイコンを変更することができました。 では下にあります OK ボタンをクリックして結果を確認しましょう。クイックアクセスツールバーに時計の形をしたアイコンが表示されました。マウスポインタをポイントすると「時刻の挿入」と表示されます。ではボタンを使って時刻を挿入してみましょう。時刻を挿入する位置にクリックでカーソルを移動します。クイックアクセスツールバーの「時刻の挿入」ボタンをクリックします。これで「時刻の挿入」のマクロが実行されカーソルのある位置に現在の時刻が挿入されました。この様にマクロをクイックアクセスツールバーのボタンに登録することでこんなにも簡単にマクロを実行することができます。ちなみに登録したボタンを解除するには先程の「オプション」のダイアログボックスを使います。「オプション」のダイアログボックスはクイックアクセスツールバーの下向き三角をクリックして「その他のコマンド」をクリックして表示することもできます。「その他のコマンド」をクリックします。すると先程使ったのと同じ「Word のオプション」のダイアログボックスが表示され「クイックアクセスツールバー」が選択されています。「時刻の挿入」のボタンを削除しますので右のボックス内から「時刻の挿入」をクリックで選択し真ん中にある「削除」ボタンをクリックします。 これでクイックアクセスツールバーから「時刻の挿入」ボタンを削除することができました。OK ボタンをクリックして確認しましょう。クイックアクセスツールバー上から「時刻の挿入」ボタンが削除されました。ボタンは削除されましたがマクロそのものは残っています。「表示」タブの「マクロの表示」ボタンをクリックすると「時刻の挿入」のマクロは削除されていないことが分かります。もしマクロそのものを削除するのであればここで右にあります「削除」ボタンを使うとマクロを削除することが可能です。このレッスンではマクロを実行するボタンをクイックアクセスツールバーに登録する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。