Word 2016 基本講座

英語のスペルをチェックする・文章を校正する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スペルチェック機能と文章校正機能について解説します。文法的な誤りや誤字脱字、英語のスペルミスなどをチェックすることができます。
04:56

字幕

このレッスンではスペルチェックと文章校正機能について解説します。文法的な’誤りや、誤字脱字のチェックそして英語のスペルミスなどをチェックし文章を校正することができます。使用するファイルはCheck_1 です。文書内に赤い波線や青い波線が表示されています。これは文法的な誤りやスペルミスが指摘された箇所です。この波線の箇所を右クリックしてショートカットメニューから修正することもできますが今回は作業ウィンドウを右に表示し1つ1つ確認しながら校正していきましょう。では「校閲」タブをクリックします。「文章校正グループ」の「スペルチェックと文章校正」をクリックします。すると右に作業ウィンドウが表示され1つ目のチェック箇所が指摘されました。「スペルチェック」と表示されています。E-meil の meil のスペルが間違っています。では修正していきましょう。作業ウィンドウ内で正しいスペルのmail をクリックで選択し下にあります「変更」ボタンを使うと変更を「すべて変更」をクリックすると文書内の同じ間違いをすべて修正することができます。では「変更」ボタンをクリックします。mail のスペルを正しく修正することができました。 2か所目は文章校正の指摘です。文書内を見ると「販売してます。」となっています。これは「い」抜きです。では修正しますので作業ウィンドウ内の「「い」抜きしています」をクリックで選択し「変更」ボタンをクリックします。3か所目も文章校正です。送り仮名が誤りですので「送り仮名の誤り 届け」をクリックで選択し「変更」をクリックします。次はスペルチェックの指摘です。会社名の LivingCoral という文字がスペルミスとしてチェックされています。今回は会社名ですからこれで良いとしましょう。赤い波線は印刷には写りませんのでこのままにしておいてもよいのですが赤い波線だけを解除する方法が幾つかあります。作業ウィンドウ内の「無視」というボタンを使うと単語はそのままで赤い波線だけを解除することができます。また、右にある「追加」というボタンを使うとユーザー辞書に追加することができ次から同じ単語に対してはスペルミスの指摘はされません。では今回はユーザー辞書に追加してみますので「追加」ボタンをクリックします。「文章校正が完了しました。」と表示されました。OK ボタンをクリックしましょう。LivingCoral の文字は単語はそのままで赤い波線だけが解除されています。 では登録したユーザー辞書を少し見ていきましょう。ユーザー辞書は「ファイル」タブの「オプション」をクリックして表示される「オプション」のダイアログボックスで確認したり変更したりできます。「Word のオプション」のダイアログボックスの「文章校正」をクリックします。「ユーザー辞書」のボタンをクリックしましょう。「ユーザー辞書」のダイアログボックスが表示されました。規定の辞書が選択されていることを確認し右にある「単語の一覧を編集」をクリックします。するとユーザー辞書に登録してある単語の一覧が表示されます。ユーザー辞書から単語を削除するには削除したい項目をクリックで選択し下にあります「削除」ボタンをクリックすることで削除することが可能です。では今回は「キャンセル」ボタンをクリックしてキャンセルしておきます。また「Word のオプション」のダイアログボックスの「文章校正」の項目では「Word のスペルチェックと文章校正」という所で文書のスタイルを変更してスペルチェックや文章校正を実行することができます。今は通常の文となっていますが下向き三角をクリックすることでくだけた文や公用文などに変更することが可能です。 例えば公用文をクリックで選択すると公用文に適したチェックがなされます。右にある設定ボタンをクリックするとどのような設定で文章校正が行われるかを確認することが可能です。この様な機能もありますので、必要に応じて活用していくと良いでしょう。今回は通常の文の文書スタイルでチェックを実行し文章校正を行いました。このレッスンではスペルチェックと文章校正機能について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。