Word 2016 基本講座

コメントを表示する・挿入する・削除する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
コメントの利用について解説します。複数ユーザーで文書を編集する際におすすめの機能です。文書の内容や編集に関するコメントを任意の位置に挿入することができます。
03:58

字幕

このレッスンではコメントの表示・挿入・削除について解説します。文書の内容や編集に関するコメントを任意の位置に挿入することができます。複数ユーザーで文書を編集する際にお薦めの機能です。使用するファイルは Review です。ではコメントを表示する操作から見ていきましょう。この文書には既にコメントが挿入されています。表の右の方を見ると吹き出しマークが表示されていますね。この吹き出しマークをクリックするとコメントを表示することができコメント挿入欄が強調表示されます。挿入されているコメントはc-garden というユーザーによって担当者を明記して下さいという内容のコメントです。コメント以外の文書内をクリックするとコメントを非表示にすることができます。またコメントを常に表示するコメント表示欄を文書ウィンドウの右に出しておくこともできます。見ていきましょう。「校閲」タブをクリックします。「コメント」グループの「コメントの表示」ボタンをクリックします。これで文書ウィンドウの右にコメントを表示しておくことができます。表示されたコメントをクリックすると文書内のコメント挿入位置が強調表示されます。また今使ったコメントの表示のボタンは「変更履歴」グループの変更内容の表示が「シンプルな...」となっている時に使用することができます。 変更内容の表示が「すべての変更履歴」となっている場合には常にコメント表示欄が表示されますのでコメントの表示ボタンを使って表示、非表示を切り変えることはできません。では変更内容の表示は「シンプルな...」に戻しておきます。「シンプルな...」になっている時にはコメントの表示ボタンをクリックして表示、非表示を切り替えることができます。では続いてコメントを挿入する操作を見ていきましょう。今回は18 ページという文字に対してコメントを挿入していきます。コメントを挿入したい文字を選択し「コメント」グループの「新しいコメント」をクリックします。これで新しいコメントを挿入することができました。カーソルが点滅していますのでここにコメントを入力していきます。この様に新しいコメントのボタンを使って簡単に文書の任意の位置にコメントを追加することができます。この様にコメントはユーザーごとに違った色で色分けして挿入されますのでどのユーザーによって挿入されたコメントかわかりやすくなっています。では次にコメントの削除を見ていきましょう。削除したいコメントをクリックで選択します。「コメント」グループの「コメントの削除」ボタンをクリックします。 これで選択したコメントを削除することができました。ちなみに「コメントの削除」ボタンの下にあります、下向き三角をクリックするとドキュメント内のすべてのコメントを削除することも可能です。また、既に入力されているコメントに返信を付けることもできます。返信したいコメントをクリックで選択し右上にある「返信」ボタンをクリックすると返信する枠が表示されますのでここにメッセージを入力すると良いでしょう。このレッスンではコメントを表示する方法と新しいコメントの追加そしてコメントを削除する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。