Word 2016 基本講座

文書を比較して相違点を確認する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文書の比較機能について解説します。2つの文書の相違点を確認する際におすすめの機能です。
05:01

字幕

このレッスンでは、文書の比較機能について解説します。文書の比較機能を使うと、二つの文書の相違点を簡単に確認することができます。Word が起動中です。予めファイルを開いておく必要はありません。では、比較する二つのファイルを開く操作から見ていきましょう。「校閲」タブをクリックします。比較グループの「比較」ボタンをクリックします。「比較」をクリックします。すると、「文書の比較」というダイアログボックスが表示されました。ここで比較する二つのファイルを指定します。まずは、元の文書の「参照」ボタンをクリックします。「ファイルを開く」のダイアログボックスが表示されますので比較したい元の文書をクリックで選択します。今回は「Compare_1」をクリックで選択します。下にあります「開く」ボタンをクリックします。これで比較する一つ目のファイルを指定することができました。では、もう一方のファイルを指定していきましょう。変更された文書の「参照」ボタンをクリックします。ダイアログボックスが表示されますので、比較するもう一方の文書をクリックで選択します。今回は「Compare_2」を選択します。下にあります「開く」ボタンをクリックします。 これで、比較する二つの文書を指定することができました。下にあります「OK」ボタンをクリックします。すると、Word の文書ウィンドウの右には、比較する二つの文書がこのように上下二段で表示されます。元の文書と変更された文書が表示されていますね。そして文書ウィンドウの左には、比較結果文書が表示されます。二つの文書を比較した相違点が、色がついて強調表示されていますね。では、この相違点を効率よく確認したり、編集することができますので見ていきましょう。使用するツールは「校閲」タブの変更箇所グループの「承諾」ボタンや「元に戻す」のボタンです。では、比較結果文書の先頭にカーソルがあることを確認し、変更箇所グループの「次へ」ボタンをクリックします。一つ目の相違点は「お問い合わせ」と「ご相談」です。元の文書を見ると「お問い合わせ」変更された文書を見ると「ご相談」となっていますね。では「ご相談」にしていきますので、この場合には、「承諾」ボタンを使います。「承諾」ボタンを一回クリックすると、「お問い合わせ」が削除されます。もう一度「承諾」ボタンをクリックすることで、「ご相談」を反映させることができます。次の相違点は日にちです。 30 が 20 に変更されています。ではこれは、30 に戻していきましょう。「元に戻す」ボタンを一回クリックして、30 を戻します。そしてもう一度「元に戻す」ボタンをクリックして、20 を消します。日にちが 30 に戻りました。次は「特典」が「記念品」に変更されています。では、これは変更後の「記念品」を反映していきましょう。「承諾」ボタンを二回クリックすることで、「記念品」とすることができました。「文書にはコメントまたは変更履歴が含まれていません」というメッセージが表示されました。これで処理は完了です。「OK」ボタンをクリックしましょう。このように、比較結果文書内で二つの文書の相違点を確認しながら効率よく処理を進めていくことができます。また、比較結果文書は自動的には保存されませんので、必要に応じて、名前をつけて保存しておくと良いでしょう。それぞれの文書ウィンドウには、「閉じる」ボタンが用意されています。例えば、元の文書、こちらには右上に「閉じる」ボタンがありますね。この「閉じる」ボタンを使うことで、それぞれの文書ウィンドウごとに閉じることができます。例えば元の文書の「閉じる」ボタンをクリックして、元の文書を閉じます。 すると、変更された文書と比較結果文書だけになりました。もし「元の文書を再表示したい」という場合には、「ファイル」タブから開いたり、Word を起動し直す必要がありません。「校閲」タブの「比較」ボタンをクリックして、「元の文書を表示」をポイントします。今は「変更された文書の表示」にチェックがついています。両方の文書を表示したいわけですので、「両方の文書を表示」をクリックすると、元の文書を再表示することができますので、覚えておくと良いでしょう。このレッスンでは、二つの文書の相違点を確認しながら編集することができる文書の比較機能について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。