Word 2016 基本講座

最終版として文書を保存する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文書を最終版として保存する方法について解説します。最終版として保存した文書は読み取り専用に設定されます。
02:09

字幕

このレッスンでは、文書を最終版として保存する方法について解説します。最終版として保存した文書は、読み取り専用となります。使用するファイルは「Interior fair」です。では、この文書を最終版として保存していきましょう。最終版とした文書は読み取り専用となりますので編集を防ぐことができます。「ファイル」タブをクリックします。情報が選択されていることを確認し、情報の一覧から「文書の保護」のボタンをクリックします。「最終版にする」をクリックします。「この文書は最終版として設定されてから保存されます」というメッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。すると、「このドキュメントは編集が完了した最終版として設定されました」と表示されますので、こちらも「OK」ボタンをクリックします。これで、文書の保護の欄には、「この文書は編集を防ぐために最終版として設定されています」と表示されましたね。またタイトルバーは、[読み取り専用]となっています。では、バックステージビューを閉じて確認していきましょう。左上の左向き矢印をクリックします。編集画面に戻りました。すると、黄色いメッセージバーが表示されます。 最終版となっていますね。「この文書は、編集を防ぐために、作成者によって最終版として設定されています」というメッセージが表示されました。読み取り専用ですから、現在はカーソルを出して編集しようとしても編集はできません。そこでもし「編集したい」という場合には、メッセージバー内の「編集する」というボタンをクリックすると、読み取り専用を解除し、通常の文書として編集することが可能です。このレッスンでは、最終版として文書を保存する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。