Word 2016 基本講座

パスワードを設定して文書を暗号化する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文書の暗号化について解説します。パスワードを設定して文書を暗号化することで不正アクセスなどから情報を守るためのセキュリティレベルを高めることができます。
03:11

字幕

このレッスンでは、パスワードを設定し文書を暗号化する方法について解説します。使用するファイルは「インテリアフェア」です。パスワードを指定して、文書を暗号化することで、不正アクセス等から、情報を守るためのセキュリティレベルを高めることができます。では、暗号化する操作を見ていきましょう。「ファイル」タブをクリックします。左のメニューが「情報」が選択されていることを確認し、「文書の保護」のボタンをクリックします。上から二つ目の「パスワードを使用して暗号化」をクリックします。ドキュメントの暗号化のダイアログボックスが表示されました。「このファイルの内容を暗号化します」と表示されていますね。では、パスワードを指定しましょう。任意のパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。すると、パスワードの再入力が求められますので、もう一度同じパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。これで、暗号化は完了です。「文書の保護」のラインが黄色く表示されました。「この文書を開くにはパスワードが必要です」と表示されていますね。では、一度このファイルを保存して、開く操作を見ていきましょう。左のメニューから「名前を付けて保存」をクリックします。 「参照」ボタンをクリックします。「名前を付けて保存」のダイアログボックスが表示されますので、保存する先を指定し、では、ファイル名は「暗号化」としておきます。下にあります「保存」ボタンをクリックします。これで、パスワードを指定して暗号化したファイルを保存することができました。では、いったんファイルを閉じて、再度開いて確認していきましょう。「ファイル」タブをクリックして、「閉じる」をクリックします。ファイルを閉じました。では、開いてみましょう。「ファイル」タブをクリックし、「開く」をクリックします。最近使ったアイテムの一番上に、暗号化のファイルがありますので、暗号化のファイルをクリックします。すると、パスワードの入力がこのように求められます。パスワードを知っている方のみが、ファイルを開くことができます。では、パスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。ファイルを開くことができました。ちなみに暗号化を解除するには、暗号化を解除したいファイルをこのように開いて、「ファイル」タブをクリックし、「情報」をクリックします。「文書の保護」のボタンをクリックして、「パスワードを使用して暗号化」をクリックします。 ドキュメントの暗号化のダイアログボックス内にパスワードが指定されていますので、このパスワードを削除します。クリックでカーソルを出して「Backspace」や「Delete」を使って削除しましょう。パスワードの欄を空欄にして、「OK」ボタンをクリックすることで、これで、暗号化を解除することができました。このレッスンでは、パスワードを指定して、文書を暗号化する方法について解説しました。

Word 2016 基本講座

Wordには文書を作成するための豊富な機能やツールが用意されています。それらを知らずにWordを使っているという方が多いのではないでしょうか?このコースではWord2016の数ある機能を基本から説明します。文章の入力や編集、文字書式や段落書式の設定、ページレイアウトの設定、罫線機能や図形機能、長文作成機能や文書の共有などについて解説します。

5時間31分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。