無料写真編集プラグイン Nik Collection徹底活用術

操作を戻す・履歴をさかのぼる操作(Color Efex Pro4)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Color Efex Pro4でフィルタをかける操作を戻したり、ヒストリーから目的の履歴の状態に戻す方法です。
講師:
05:18

字幕

このレッスンでは Color Efex Pro 4 でフィルターをかける操作を戻したりヒストリーから目的の履歴の状態に戻すといった方法について解説をします。これは Photoshop から写真を選んでColor Efex Pro 4 で開いた直後の状態です。Color Efex Pro 4 で写真を開くと前回適用したフィルターの一部が引き継がれた状態で既に効果がかかっています。ここで他のフィルターを選ぶと効果が入れ替わります。ここでは「レシピ」をクリックして「戻る」をクリックして「サンプルレシピ」を開きます。既存のレシピの中から「スーパークロスポップ」を選びます。レシピを追加すると現在の’画像に適用されているすべてのフィルターが置き換わります。「続けてよろしいですか?」と表示されますので「はい」をクリックして続けます。かなりディープで古臭い印象になります。更に効果を加えてみましょう。「フィルタ追加」をクリックして「フィルタなし」の状態を確認します。こうすることで次に選んだフィルターを追加できます。ここをクリックしないまま次のフィルターを選ぶと効果が入れ替わってしまうので注意します。ここでは「すべて」の中から「デュプレックス」を選びます。 フィルター名にマウスポインタを重ねると右側に画像が重なったようなアイコンがハイライトされるのでここをクリックすると関連する複数のフィルターが表示されます。一番上が「デフォルト」でその下が「弱い黄」「強い飽和した黄」「ローズグラス」とあります。ここでは「01 - デフォルト」をクリックします。「デュプレックス」は色とぼかしの2つの効果がかかっているフィルターになります。写真を覆っている色を変更できます。「カラー」の色のボックスをクリックしてパレットから好きな色に変更してウィンドウを閉じるとプレビューに適用されます。または右側のスポイト型のアイコンをクリックして有効にしてからプレビュー内の好きな色をクリックして適用することもできます。元の状態に戻すにはMac では Comman+Z キーWindows では Ctrl+Z キーで1つ前の状態に戻します。または左側の「ヒストリー」をクリックして開いて目的の履歴をクリックして戻します。上に行くほど古い履歴で下に行くほど新しい履歴が追加されていき一番下が最新の状態になります。ここで目的の状態に戻れますが但し、選択した履歴の状態から何らかの編集を行うと、そこから履歴が上書されていきますので注意します。 また、「ヒストリー」の一番下にある「最後のフィルタの状態」をクリックすると前回選択して適用したレシピの状態に切り替わります。元に戻すには上の履歴をクリックします。この状態で OK をクリックすると現在の状態が Photoshop にレイヤーとして追加されます。元がスマートオブジェクトの場合はスマートフィルターが追加されます。スマートフィルターをダブルクリックすると前回の状態のままColor Efex Pro 4 が開きます。また、レイヤーとしてではなく、現在の Photoshop の画像に上書するのであれば「設定」をクリックして「OK をクリックした後」を開きます。ここで「現在のレイヤーにフィルター効果を適用する」に切り替えます。通常は Photoshop 上で必要に応じてレイヤーを結合すればいいのでここでは「別のレイヤーにフィルター効果を適用する」を選んでおきましょう。以上、Color Efex Pro 4 でフィルターをかける操作を戻したり「ヒストリー」から目的の履歴の状態に戻すといった方法でした。

無料写真編集プラグイン Nik Collection徹底活用術

Nik CollectionはPhotoshopなどのための7つの無料画像編集プラグインで、目的ごとに特化した高度なフィルタやプリセットが備わっています。このコースではNik Collection独特のコントロールポイントなどの操作方法を覚えながら、本格的なレタッチの方法やモノクロ写真の作成、フィルムタッチの写真加工やHDR画像の作り方などを解説します。

2時間52分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
カテゴリー
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年07月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。