無料写真編集プラグイン Nik Collection徹底活用術

眠い写真をコントラストを高めてシャキッと調整(Viveza2)

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
コントラストの弱い写真を、色調補正ツールのViveza2でコントラストを高めてシャキッとみせる方法です。
講師:
05:43

字幕

このレッスンではコントラストの弱い写真を色調補正ツールの Viveza 2 でコントラストを高めてこの様なしゃきっと見せる方法を解説をします。ここでは Photoshop から写真を Viveza 2 で開きます。この様な曇天時の撮影や冬の風景などではどうしてもコントラストが下がってしまいがちです。画像全体のコントラストを高めたい場合有効に使える機能が調整パネルの下の方にある「トーンカーブ」です。一般的にコントラストを高める場合は左下から右上に伸びるトーンカーブをS 字型にします。明るい部分をより明るく暗い部分をより暗くすることで明暗差が大きくなり、コントラストの高いしゃきっとした画像になります。ここでは左側の暗い部分のポイントは標準のライン上にとり中央は標準よりも少し上に明るい部分のポイントを上向きに配置します。更に画像全体の調整を加えます。ここで気を付けたいのがコントラストを高めたいがために明るい部分を白くとばさないようにすることです。「明るさ」はそのままにしておき「コントラスト」を高めて8% に「ストラクチャ」を22% にして全体のコントラストを高めます。明るくすることで不足しがちな「彩度」も23% に高めておきます。 ここままで主に建物の部分の明るさとコントラストに重点を置いて調整をしましたがそれにより空全体が白く平坦になってしまいました。そこでコントロールポイントを更に配置して部分的に色調やコントラストを調整します。「コントロールポイントの追加」の丸いボタンをクリックしてから空の右側をクリックしてポイントを配置します。ポイントからツリー状に伸びるコントロールのBr とある「明るさ」のスライダーをドラッグして-30% に下げて少し暗くします。更に Co とある「コントラスト」を高めて40% にSt の「ストラクチャ」を31% に高めて空の陰影を強調します。Sa の「彩度」も40% に高めて空の青を鮮やかに見せます。Mac では Option キーを押しながらWindows では Alt キーを押しながらポイントを左にドラッグして同じ効果のポイントを複製します。空が青くくっきりした範囲が広がります。同様にドラッグして複製していきます。このポイントをグループ化します。コントロールポイントの一覧でShift キーを押しながらすべてのポイントを選択します。上の方にある「グループ」をクリックすると「グループ1」に纏められます。 この状態であればいずれかのポイントをクリックしてスライダーをドラッグすることですべてのポイントが連動して空の部分を調整することができます。ここでは範囲を30% に「明るさ」を-12% に「ストラクチャ」を40% に高めて更に空の明暗を強調します。これで完成です。「プレビュー」のチェックをクリックして補正前と補正後で比較してみます。OK をクリックしてPhotoshop に戻ります。この様に Viveza 2 ではトーンカーブなどの画像全体の調整機能の他にもコントロールポイントという部分的な調整ができますのでこれらを複合的に活用して理想の色調に仕上げていきましょう。以上、コントラストの弱い写真をViveza 2 でしゃきっと見せる方法でした。

無料写真編集プラグイン Nik Collection徹底活用術

Nik CollectionはPhotoshopなどのための7つの無料画像編集プラグインで、目的ごとに特化した高度なフィルタやプリセットが備わっています。このコースではNik Collection独特のコントロールポイントなどの操作方法を覚えながら、本格的なレタッチの方法やモノクロ写真の作成、フィルムタッチの写真加工やHDR画像の作り方などを解説します。

2時間52分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
カテゴリー
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年07月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。