無料写真編集プラグイン Nik Collection徹底活用術

ノイズを部分的に低減(Dfine2)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Dfine 2を使って手動で画像全体もしくは部分的にノイズを低減する方法です。
講師:
06:26

字幕

このレッスンでは Define 2 を使って手動で画像全体もしくは部分的にノイズを低減する方法を解説します。自動設定でも強力にノイズ除去をしてくれる Define 2 ですがノイズ除去をすることによって少なからず画像が平坦化しますので少しノイズを残して階調を生かしたり部分的にノイズを残して粒状間を演出したい時など自動設定ではできないこともあります。そのようなノイズ除去を自由にコントロールできるのがDefine 2 の手動設定です。ここに Nik Collection の様々なツールを使って色や質感をアレンジした画像をPhotoshop で開いています。空と木々の境界を拡大表示してみるとこれらの効果を強調するあまりノイズが極端に目立っています。ここで SelectiveTool からDefine 2 をクリックして開きます。「分割プレビュー」をクリックすると赤いラインを挟んで左側が補正前右側が補正後の状態を表示しています。ズームツールを選んで画像を2回クリックして300% に拡大表示をします。「ナビゲーター」の赤い枠を画像の左上にドラッグして配置します。初期設定では既に自動的にノイズ低減処理がかかっていますのでマニュアルの操作に切り替えます。 「方式」の「手動」を選んで「リセット」をクリックして、ノイズ低減がかかっていない状態に戻します。ここでの「手動」とはノイズを低減させる時の基準となる位置を手動で決めるということです。「長方形を追加します。」というボタンをクリックしてから画像上をドラッグして長方形で囲み「ノイズを測定」をクリックします。枠で指定した範囲のノイズ量を基準にして全体のノイズが目立たなくなります。ノイズを個別に低減させる場合は「低減」ボタンをクリックして行うことになります。「効果」の部分をクリックすると「コントロールポイント」と「色の範囲」があります。ここでは「コントロールポイント」を選びます。下にある「コントラストノイズ」と「カラーノイズ」のスライダーで画像全体のノイズを低減することができます。「ナビゲーター」で枠を下にドラッグして木々と空の境界の部分を表示させます。「コントラストノイズ」とは所謂輝度ノイズで黒い小さな粒粒がランダムに表示されているのものです。数値を高めるとノイズが減りますが高めすぎると 画像が平坦になります。ここでは 120% に設定をします。「カラーノイズ」とは本来はないはずの赤や青などの色の付いた点が表示されているノイズでJPEG の場合に目立っています。 ここでは初期設定の 100% にしておきます。更に画像の右上を表示させるとまだノイズが残っています。ここでコントロールポイントを使います。ノイズ低減量の開始量によってマイナスとプラスのボタンを選びます。ここではノイズ低減を強化させたいので+のボタンをクリックします。コントラストノイズやカラーノイズがある程度低減された状態でコントロールポイントを追加します。多くのノイズの低減量は100 でも十分ですが部分的にノイズ低減を強化したい時には数値を高めます。最大で 200 まで調整できます。また画像によっては部分的にノイズを残したいという時もあります。この画像のように木々や緑の立体感を出すためのざらつき感をノイズ低減によって失いたくないのでコントロールポイントの-ボタンをクリックしてから木々の部分をクリックします。すると空のノイズの低減効果は効いたままで木々の部分のノイズを初期状態に戻すことができます。更に「詳細」をクリックして「エッジの保存」にチェックを入れてスライダーを右にドラッグすることでノイズ低減によってぼやけた輪郭をくっきり復元することができます。ここでは75% に設定をしました。OK をクリックするとPhotoshop に戻ります。 補正前と補正後をレイヤーの表示、非表示で切り替えて確認をします。木々のざらつき感は残しつつ空は滑らかに処理することができました。以上、Define 2 を使って手動で画像全体、もしくは部分的にノイズを低減する方法でした。

無料写真編集プラグイン Nik Collection徹底活用術

Nik CollectionはPhotoshopなどのための7つの無料画像編集プラグインで、目的ごとに特化した高度なフィルタやプリセットが備わっています。このコースではNik Collection独特のコントロールポイントなどの操作方法を覚えながら、本格的なレタッチの方法やモノクロ写真の作成、フィルムタッチの写真加工やHDR画像の作り方などを解説します。

2時間52分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
カテゴリー
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年07月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。