無料写真編集プラグイン Nik Collection徹底活用術

Rawに特化したシャープ効果(RAW Presharpener)

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
RAW Presharpenerを使ってRAW画像に効率よくシャープ効果を加える方法です。
講師:
07:16

字幕

このレッスンでは RAW Presharpener を使ってRAW 画像に効率よくシャープ効果を加える方法を解説します。Nik Collection には高度なシャープをかけるアプリケーションSharpnerPro3 があります。SharpnerPro3 はRAW 現像用途のRAW Presharpner と出力調整用のOutput Sharpner があります。RAW Presharpner は文字通りRAW の現像作業で減りがちな解像感を甦らせたり、さらにシャープを加えて現像用の画像データを仕上げるものです。まず Photoshop で RAW ファイルを直接開こうとするとAdobeCameraRAW が起動しますので画像を開くをクリックしてRAW ファイルを Photoshop で開きます。その後フィルターからNik Collection のSharpner Pro3 (1) RAW Presharpner を選ぶかSelective Tool のRAW Presharpner をクリックして起動させますなお Lightroom では画像を右クリックして他のツールで編集からSharpner Pro3 RAW Presharpner を選んで起動させます。 RAW Presharpner はシンプルなインターフェースで構成されています。基本的には画像全体にシャープを掛ける方法とNik Collection でお馴染みのコントロールポイントを使ってシャープ効果を掛ける方法があります。修正前と修正後の適応量を比較するために並列プレビューをオンにしてここではズームツールを選択して鳥の右側の目の部分を一回クリックして100% に拡大表示します。上が補正前で、下が補正後のプレビューです。調整パネルのシャープネスの強さでは文字通り適応させるシャープの効果の強弱を調整します。シャープネスを強くすれば、エッジが際立つようになりますが、反面ざらついた感じになってしまいますので注意します。マーカーをダブルクリックすると、初期設定に戻ります。ご覧の通り初期設定ではシャープネスの強さは50% 適応されています。エリアに適応とエッジに適応ではシャープ効果を範囲に適応させるのか輪郭に適応させるのかのバランスを調整します。むやみにエリア全体に比重を大きくしてしまうと画像全体が荒れた感じになり、エッジに適応を強くしすぎると輪郭がきつくなってしまうのでバランスを取ります。初期設定では中間に配置されています。 コントロールポイントを用いてシャープ効果をかけると部分的に影響を与えられるので画像全体を荒らさずにオブジェクトだけはシャープにしたいという時などに有効に使えます。例えばここでは部分調整の「画像全体に適応」を中間に配置します。シャープネスを高めて90% に。エッジに適応も同じような程度に設定してややキツメにシャープをかけておきます。次にズームツールで目の部分をクリックして300% に拡大表示します。コントロールポイントのマイナス印のアイコンをクリックして目の部分をクリックします。選択ツールに切り替えてポイントの白い部分をドラッグしてコントロールポイントの範囲を調整します。ここでは最小の円形で目を囲みます。その下の不透明度のスライダーをドラッグして不透明度を上げます。すると目の部分にかかっているシャープの効果が増してクッキリします。ここでは 51% に設定しました。選択ツールに切り替えて複製をクリックして同じ効果のポイントを追加します。ズームツールに切り替えてMac では Option キーをWindows では Alt キーを押しながら画像をクリックして100% の表示にします。選択ツールに切り替えて複製されたポイントをもう片方の目の方にドラッグして両目をクッキリ見せます。 あとは全体のシャープのバランスを「画像全体に適応」のスライダーをドラッグして調整します。ここではやや右寄りにドラッグして両目をクッキリさせます。単一画像プレビューに切り替えてプレビューのチェックを外して補正前と補正後を切り替えて比較してみると目を強調しながら全体を適度にシャープにすることができました。OK をクリックして効果を適応させた状態でPhotoshop に戻ります。以上 RAW Presharpner を使ってRAW 画像に効率よくシャープ効果を加える方法でした。

無料写真編集プラグイン Nik Collection徹底活用術

Nik CollectionはPhotoshopなどのための7つの無料画像編集プラグインで、目的ごとに特化した高度なフィルタやプリセットが備わっています。このコースではNik Collection独特のコントロールポイントなどの操作方法を覚えながら、本格的なレタッチの方法やモノクロ写真の作成、フィルムタッチの写真加工やHDR画像の作り方などを解説します。

2時間52分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
カテゴリー
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年07月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。