無料写真編集プラグイン Nik Collection徹底活用術

画像を部分的にシャープに(Output Sharpener)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Sharpener Pro3の「Output Sharpener」を使って、写真の一部分をくっきりとみせて、その周りを適度にぼかす方法です。
講師:
04:21

字幕

このレッスンでは Sharpner Pro 3 のOutput Sharpner を使って写真の一部分をくっきりと見せてその周りを適度にぼかす方法を解説します。この写真は Sharpner Pro 3 のOutput Sharpner で開いて全体にある程度のシャープ効果を加えています。「出力用デバイス選択」では「ディスプレイ」を選び「シャープネスの強さ」は 50%「出力用シャープネスの強さ」は 120%「ストラクチャ」は 20%「部分のコントラスト」は 10%「フォーカス」は -10% です。ここではこの写真の花の部分だけ際立たせて周りをぼかすという効果を加えていきます。「フォーカス」の数値を最小にして、一旦写真全体をぼかしてから「コントロールポイントの追加」をクリックして中央の花をクリックしてポイントを配置します。選択ツールに切り替えて黒いポイントから横に伸びる白い範囲を調整するスライダーをドラッグして花よりも一回り大き目に調整します。ここでは 17% に設定をしました。ツリー上の下にある三角形のアイコンをクリックしてツリーを延長したら、一番下の「フォーカス」のスライダーを右いっぱいにドラッグして100% に設定します。 更に「出力用シャープネスの強さ」も最大値の 200% に’設定します。花の部分だけくっきりとさせてその周りをぼかす効果になりました。このシャープ効果を左右の花にも適用していきます。「コントロールポイント1」が選択された状態で「複製」をクリックします。同じ効果のポイントが追加されます。これを左側の花にドラッグして重ねて範囲を調整します。Mac では Option キーをWindows では Alt キーを押しながらポイントをドラッグして複製して追加することもできます。更にコントロールポイントの四角いアイコンをクリックするとマスク表示に切り替わります。白い部分がシャープのかかっている所です。ポイントをドラッグして花全体が白く覆われるように調整をします。場合によってはポイントを複製してグレーの部分に配置することでより白く覆うことができます。もう一度四角いアイコンをクリックしてマスク表示を解除します。「部分調整」のチェックを外してシャープ効果を加える前と効果を加えた後で比較をして完成です。OK をクリックして元の Photoshop またはLightroom に戻ります。以上、Output Sharpner で写真の一部分をクッキリと見せてその周りを適度にぼかす方法でした。

無料写真編集プラグイン Nik Collection徹底活用術

Nik CollectionはPhotoshopなどのための7つの無料画像編集プラグインで、目的ごとに特化した高度なフィルタやプリセットが備わっています。このコースではNik Collection独特のコントロールポイントなどの操作方法を覚えながら、本格的なレタッチの方法やモノクロ写真の作成、フィルムタッチの写真加工やHDR画像の作り方などを解説します。

2時間52分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
カテゴリー
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年07月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。