無料写真編集プラグイン Nik Collection徹底活用術

HDRプリセットを活用(HDR Efex Pro)

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
1枚のRAW画像を使って、HDR Efex Pro2で非現実的なインパクトのある画像を作る方法です。
講師:
08:10

字幕

このレッスンでは、一枚の RAW 画像を使ってHDR Efex Pro 2 で非現実的なインパクトのある画像を作ります。ここでは Lightroom から画像を選び、右クリックの「書き出し」からHDR Efex Pro 2 を選びます。HDR Efex Pro 2 が起動すると、初期設定では「01 - デフォルト」が適用されています。プリセットライブラリを開き、ここのカテゴリから開いて効果を選んでもいいのですが、HDR Efex Pro 2 には全部で 28 種類のフィルターだけなので、すべてを選んで一番上の「01 - デフォルト」をクリックしてキーボードの下向きの矢印キーを押して順に切り替えて確認しても、それほど手間ではありません。ここでは特に現実離れをしたようなインパクトのあるフィルターを使いたいので「08 暗い」等はどうでしょうか。ここで気になるフィルターはフィルター名の左側にある星印をクリックしてハイライトさせておきます。「11 強調 2」もいいですね。「16 ドラマチック」や「17 おどろおどろしい」「18 ペイル&ストラクチャード」「19 屋根裏部屋」も捨てがたいです。ここで「お気に入り」を開くと、星印を付けたフィルターがまとめられています。 この中から更に選りすぐります。「お気に入り」からはずしたいものは星印をクリックします。ここでは「17 おどろおどろしい」を選んでみます。更に右側のエリアで細かく調整をしていきます。「トーン圧縮」はダイナミックレンジの圧縮と拡張です。「トーン圧縮」を左にドラッグすると引き締まりますが、暗い部分や明るい部分の詳細が見えなくなります。ここでは右にドラッグして圧縮することで、明るい部分、暗い部分の詳細を表現します。ここでは最大の 100 に設定をします。メソッドの強さで更に輪郭を強調します。左にドラッグすると濃く太い輪郭のみくっきりしますが右にドラッグすると細かい輪郭までくっきりと見えてきます。ここでは 77% に設定します。「HDR メソッド」で好みに応じて質感を調整します。「奥行き」はここでは「少し」にします。「ディテール」は「アクセント」に、「ドラマ」は「ナチュラル」にしました。「トーン」では、画像全体の明るさやコントラストの調整や白飛びや黒つぶれ等の軽減をしたり逆に強調したりします。「露出」で全体の明るさと暗さを調整します。ここでは中間の 0 に設定をします。「シャドウ」はそのままで「ハイライト」を右にドラッグして明るい部分を強調します。 ここでは 51% にしました。「コントラスト」は35% にして、強調して「ブラック」と「ホワイト」はそのままにしておきます。「ストラクチャ」は81% にして高めることで、階調のコントラストを強調します。かなり陰影が強調されました。今度は「カラー」で色の強調をしたりまたは地味にしたりします。ここでは空の色を強調します。「彩度」の調整で全体の鮮やかさを調整してもいいのですがここでは「部分調整」の「コントロールポイント」を使って空の部分を強調していきます。空の部分をクリックして、コントロールポイントを追加します。空の領域を覆うサイズに拡げます。ここでは 63% にしました。Ex は露出です。ここでは暗めの-42% にしました。Sa は彩度です。ここでは 14% に高めて青味を強めます。コントロールポイントは増やすことができます。Mac では Option キーを、Windows では Alt キーを押しながらコントロールポイントをドラッグして複製します。これらのポイントを Shift キーを押しながらすべて選択をして、「コントロールポイントをグループ化する」アイコンをクリックすると「グループ1」にまとめられます。 こうすることでグループ化したポイントをすべて同時に調整することができます。この時どのような範囲で効果が加わっているのかをポイント名の右側のチェックボックスをクリックしてマスク表示に切り替えます。マスクの範囲の増減によって効果のかかる範囲を調整します。「マスク表示の切り替え」アイコンをクリックして元の表示に戻します。「最終調整」で、「ヴィネット」「グラデーション」「トーンカーブ」の調整を必要に応じて加えます。ここでは「ヴィネット」の右側のボタンをクリックして、「レンズ4」を選択して周りを黒く淡くぼかした枠を加えてこれで完成です。「保存」をクリックしてHDR Efex Pro 2 を閉じると、Lightroom に新しい画像として追加されています。以上、1枚の RAW 画像を使って、HDR Efex Pro 2 で非現実的なインパクトのある画像を作る方法でした。

無料写真編集プラグイン Nik Collection徹底活用術

Nik CollectionはPhotoshopなどのための7つの無料画像編集プラグインで、目的ごとに特化した高度なフィルタやプリセットが備わっています。このコースではNik Collection独特のコントロールポイントなどの操作方法を覚えながら、本格的なレタッチの方法やモノクロ写真の作成、フィルムタッチの写真加工やHDR画像の作り方などを解説します。

2時間52分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
カテゴリー
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年07月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。