無料写真編集プラグイン Nik Collection徹底活用術

複数のツールで失敗写真を新しいイメージに

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
一見失敗してしまった写真も、Nik Collectionの複数のツールを使うことで、新しい印象的なイメージに生まれ変わります。
講師:
07:32

字幕

このレッスンでは、一見、失敗してしまった写真もNick Collection の複数のツールを使うことで新しい印象的なイメージとして再生させる方法を解説します。ここでは、このような霞んだ写真からこの様な作品を作ります。元になる写真をPhotoshop で開いています。この写真は早朝に撮影したもので太陽がまぶしすぎて白とびを起こしてしまっています。通常であれば日の目を見ることの無い写真なのですが気にいっている景色なので作品として活かしたいと思います。複数のフィルターを掛ける場合はスマートオブジェクトにしておくことであとから各ツールで再編集ができます。「レイヤー」を右クリックで「スマートオブジェクトに変換」を選びます。最初に、この白とびをしている箇所のまぶしさを抑えます。「フィルター」>Nick Collection >Viveza2 を選びます。「注意」の画面が表示されましたらOK をクリックして閉じて進めます。ここではコントロールポイントで部分的なまぶしさを抑えます。「コントロールポイントの追加」をクリックして空のやや左上の一番まぶしい箇所をクリックしてポイントを配置します。「明るさ」を下げてここでは -21% に「コントラスト」は - 4 に下げたうえでコントロールポイントの一番上のスライダーをドラッグして空を覆う大きさ、ここでは 45% に設定をします。 OK をクリックします。Photoshop に戻ると、「スマートフィルター」にViveza2 が追加されています。次に、この写真の階調を際立たせてHDR 風に編集します。「フィルター」>Nick Collection >HDR Efex Pro 2 を選びます。「プリセットライブラリ」で「すべて」を選んだ状態で一番上の「 01- デフォルト」をクリックした上で調整を加えていきます。「トーン圧縮」を 11% に「メソッドの強さ」を30% にします。「HDR メソッド」は「奥行き」を「通常」に「ディテール」は「アクセント」に「ドラマ」は「シャープ」に設定します。「トーン」では「ストラクチャ」を4% に高めます。「カラー」では「彩度」を 53% に「色温度」を 30% に高めて赤みを増します。「最終調整」では「ヴィネット」で「レンズ 2」を選びます。「トーンカーブ」ではコントラストを少し暗めに強調します。「ニュートラル」にしたうえで中央を少しだけ下向きに移動させてさらに斜度を1めもりほど下げます。ハイライトの方は、基準のラインに合うようにポイントを置きます。OK をクリックします。「スマートフィルター」にHDR Efex Pro 2 が追加されました。 今度は、空の色を薄く着色します。「フィルター」>Nick Collection >Color Efex Pro 4 を選びます。ここでは「すべて」の中から「彩色」を選びます。「効果」は一覧から 5 を選んで「カラー」のボックスをクリックしてここでは少し渋いベージュにします。「レッド」は 200「グリーン」を 120「ブルー」を 75 に設定します。ウィンドウを閉じます。「適用量」を 20% に高めてここでコントロールポイントを追加します。+型のアイコンをクリックして空の部分をクリックすると空の部分だけに彩色が適用されます。この範囲を空の部分を覆うサイズに調整します。Mac では Option キーをWindows では Alt キーを押しながらポイントをドラッグして複製して空の部分に配置していきます。これで空がほのかに着色されました。OK をクリックします。仕上げに輪郭をシャープにすることでメリハリを強調します。「フィルター」>Nick Collection Sharpener Pro 3:(2)Output Sharpener を選びます。「出力用デバイスを選択」では「ディスプレイ」を選択したうえで「出力用シャープネスの強さ」は100% に「ストラクチャ」と「部分のコントラスト」は 0%「フォーカス」は -14% に下げることで細かいノイズを抑えます。 OK をクリックします。Photoshop に反映されてこれで完成です。「スマートフィルター」の目の形のアイコンをクリックして元の画像と、編集後の画像を比較してみます。白とびして霞んだ印象の写真がこの様に、印象的な作品へと生まれ変わりました。この画像をTIFF または PFD 形式で保存をするかまたは JPEG などの形式に描き出して利用します。以上、失敗写真をNick Collection の複数のツールを使って新たなイメージに作り上げる方法でした。

無料写真編集プラグイン Nik Collection徹底活用術

Nik CollectionはPhotoshopなどのための7つの無料画像編集プラグインで、目的ごとに特化した高度なフィルタやプリセットが備わっています。このコースではNik Collection独特のコントロールポイントなどの操作方法を覚えながら、本格的なレタッチの方法やモノクロ写真の作成、フィルムタッチの写真加工やHDR画像の作り方などを解説します。

2時間52分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
カテゴリー
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年07月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。