Java入門

Javaの実行環境

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Javaの特徴である仮想マシンについて解説します。
講師:
02:50

字幕

このレッスンでは、Java の特徴である仮想マシンについて解説します。「実行環境としての Java」JRE-Java Runtime Enviromentというものが必要です。Java で作成されたアプリケーションを動かすためにはコンピュータにインストールしておくことが必要です。この中には、JVM-Java Virtual Machine仮想マシンが含まれています。「実行環境としての Java」ハードウェアや OS と独立ということです。Java アプリケーションはWndows/Mac/UNIX などで書き直したり再コンパイルは不要です。一つのアプリケーションで異なる環境で動きます。wirte once, run anywhereと言います。一度書いたら、どこでも走るよということです。これがC++ など従来のプログラミング言語とは一線を画し普及した理由の一つです。実行環境を比較してみましょう。Java は、まず PC というあのパソコンですね「ハードウエア」があります。その上に、OS、Windows とかMac OS が載っています。その上にですね、「JVM(仮想マシン)」というソフトウェアが載っています。 「アプリケーション」はその上で動く仕掛けになっています。従来の「C/C++プログラム」があるんですね。「ハードウエア」の上に OSこれは当然ですけれどもその上に「アプリケーション」があるわけです。従って、OS が違えばねWindows/Mac 違えば、「アプリケーション」も書き直しがする必要があるわけです。wirte once, run anywhere一度書けば、どこでも動きます。どういう仕掛けになっているかというとJava の「ソースコード」これをコンパイルして「バイトコード」中間コードに落とします。それでこの中間コードが何処でも動くわけです。Windows には「Windows用JavaVM」というソフトウェアがありこの上で実行されます。Mac OS 上には「Mac用JavaVM」がありここで動きます。Unix OS には「Unix用JavaVM」がありここで動きます。だから、一度コンパイルした中間コード「バイトコード」はそのままで、何処でも動きます。こういう仕掛けになっております。このレッスンでは、Java の特徴である仮想マシンについて解説しました。

Java入門

Javaはインターネットの普及に伴い、今やもっともよく使用されるプログラミング言語となりました。また近年のプログラミング言語の主流であるオブジェクト指向言語の特徴も持っています。このコースではJavaを初めて学ぶ人を対象に、Javaの基礎的な概念やJavaプログラミングの基礎知識を学ぶことができます。

3時間20分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年07月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。