Java入門

コマンドで作業する場合(Windows)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Windowsで、コマンドで作業するための環境作成方法を解説します。
講師:
06:13

字幕

このレッスンではWindows でコマンドで作業するための環境作成方法を解説します。ブラウザーを開きます。ここではGoogle Chrome を使用します。JavaSE と入力して検索します。「Java SE ダウンロード」というページが出てきます。Oracle のページですねこれをクリックします。「Java SE ダウンロード」のページいきます。ここに「こちら」という所がありますのでこれをクリックします。ここで Java と NetBeans2つアイコンが出てきます。Java の方をクリックします。次にJava SE8 の最新版が出てきますけれどもここでは、「8u92」これが最新版ですのでここのAccept License Agreementという所をボタンをクリックします。この中で適当なものをここでは、Windows X64 ですね64Bit 版、これをクリックします。そうすると、ダウンロードが開始します。暫く時間がかかります。ダウンロードが終わったらexe ファイルを起動します。確認画面が出てきますので「はい」をクリックします。また確認画面が出てきますので「次へ」をクリックします。 これ「次」ですね。また確認画面出てきたら「次へ」をクリックします。インストール終了しました、閉じます。次に、Windows の「コントロール」パネルを開きます。「環境設定」します。「システムとセキュリティ」そこに「システム」があります。「システムの詳細設定」「詳細設定」の「環境変数」をクリックします。次に、この「環境変数」の「新規」をクリックします。「変数名:JAVA_HOME」JAVA_HOME をクリックします。次に、エクスプローラを開き今 Java をインストールしたフォールだを探します。PCWin10(C:)Program FilesJavajdk1.8.0_92binこのフォルダを開きます。これを指定するわけですけれどもここを右クリックして「アドレスのコピー」を選択します。「環境変数」のここに右クリックして貼り付けをします。そのフォルダが指定されます。これで OK です。次に、Path を設定します。Path ですね、これをクリックして「編集」をクリックします。それでこの実行地ここの一番後ろにしましょうか。一番後ろに「;%JAVA_HOME」ですね今作った「JAVA_HOME%」これで OK です。 OK です。OK です。次に、Windows システムツールの「コマンドプロンプト」を起動します。こういう黒い画面が出てきます。ここにJava version と入力します。Java というコマンドにオプションは「‐」ここで、Version と入力します。そうするとインストールがうまくできていればここで Java のバージョンが出てきます。次に、Java コンパイラも確認します。同じく「Javac -version」とします。これも Javac、この様に出てくればインストールがうまくできております。うまく行かない場合は環境変数の JAVA_HOME とPath の設定もう一度確認してください。次に、テキストエディタをダウンロードします。Window 標準のメモ帳でも使いますがNotePad++ という便利なツールがありますので、これを使います。検索エンジンでNotePad++ を探します。ここにホームページNotePad++ Home ですねこれをクリックします。downloadDOWNLOADダウンロードが始まります。ダウンロードが終了したらEXE をクリックします。確認画面が出てきますので「はい」をクリックします。 言語「日本語」クリックします。また確認画面が出てきますので「次へ」、「同意する」、「次へ」「次へ」「インストール」をクリックします。「完了」ですね。このレッスンではWindows でコマンドで作業するための環境作成方法を説明しました。

Java入門

Javaはインターネットの普及に伴い、今やもっともよく使用されるプログラミング言語となりました。また近年のプログラミング言語の主流であるオブジェクト指向言語の特徴も持っています。このコースではJavaを初めて学ぶ人を対象に、Javaの基礎的な概念やJavaプログラミングの基礎知識を学ぶことができます。

3時間20分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年07月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。