Java入門

コンパイルと実行(Windows-NetBeans)

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Windowsで、NetBeansを用いた作業手順を実際の画面で解説します。
講師:
05:07

字幕

このレッスンでは、Windows でNetBeans を用いた作業手順を実際の画面で解説します。まず、NetBeans を起動します。「ファイル」>「新規プロジェクト」次に、デフォルトのままで「次」を選びます。ここに、「プロジェクト名:HelloWorld」と入力します。次に、「プロジェクトの場所」ですけれどもここにはのフォルダを作ります。「参照」でデスクトップにあの java で作りましたのでJava の次ですねコマンドで'作業する場合は cmdNetBeans で作業する場合はこのJava の下に「新規フォルダ」右クリックして新規フォルダとしてNetBeans とします。ここを開いてNetBeans をこれはまた右クリックして新規フォルダで、ここにチャプター3ch03 と入力します。この ch03 ですねここに作ります。これを「開く」にします。ここが NetBeans¥ch03 になります。「メインクラスの作成」チェック付いています。これはチェックつけたままにします。「終了」です。新規プロジェクトが作成されます。そうするとフォントが小さくて見難いので「ツール」>「オプション」ここでフォントの設定ができます。 日本語も入力できる様にここを「MS ゴシック」にします。「フォント」の「MS ゴシック」サイズちょっと大きくしておきましょう。「18」ぐらいにしましょうか。OK。そうするとですね、HelloWorldというプロジェクトできたわけですけれどもNetBeans 使った場合は最初にこれだけのソースコードが自動的に生成されます。上の方はコメントですね。「/*」ここはコメントです。ここに package helloworldとうものが作られます。まだコメントあります。この public class HelloWorldここからプログラムが始まります。HelloWorld というこれはクラス名ですねグラス名イコールファイル名です。まだコマンドがあってpublic static void だてmain が作られます。この main の下に「//」これもコマンドですけどTODO code application logic hereここに、アプリケーションのロジックを書いていきます。なんかツール使うと非常に楽ですねここまで全部作ってくれます。ちょっとここにHelloWorld 入力してみます。system.自動的に出てきますけれども.out ですね、標準している .out です。 入力してもいいですけれどもこれを選んでみます。次に、println ですねまだ候補が出てきますのでここから printlnstring がありますのでこれを選びます。println ですね。ここに文字列を入れます。まず「"」二つ入れます。その間にHello World と書きます。最後に「!」を付けておきましょう。これで終わりですね。これ実行ですけれどもここの三角ですね、緑の三角これをクリックするとコンパイルと実行自動的にやってくれます。下に結果が出ます。ここにちょっと見難いですけれどもHello World! が出てますね。これがあの出力なんです。これが結果なんです。ここが出力の画面ですね。だから、非常に楽ですね。この出力右クリックして「大きいフォント」を選ぶと大きくなります。このレッスンでは、Windows でNetBeans を用いた作業手順を実際の画面で解説しました。

Java入門

Javaはインターネットの普及に伴い、今やもっともよく使用されるプログラミング言語となりました。また近年のプログラミング言語の主流であるオブジェクト指向言語の特徴も持っています。このコースではJavaを初めて学ぶ人を対象に、Javaの基礎的な概念やJavaプログラミングの基礎知識を学ぶことができます。

3時間20分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年07月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。