Java入門

データの種類

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Javaのデータの種類を解説します。
講師:
07:58

字幕

このレッスンではJava のデータの種類を解説します。変数は値を保持する入れ物です。内部的にはメモリ上の場所を指しています。場所、アドレスとか、番地とかいます。プログラムで実際にその場所を示す必要はなくて変数名でアクセスつまり、参照/更新することができます。「定数」「定数」というのは変数の一種で参照のみできる特殊な変数です。更新はできません。一度設定するとプログラムで変更することはできません。「リテラル」文字、文字列、数字、記号などの具体的な値を「リテラル」といいます。変数はデータの入れ物です。文字、文字列、数字、記号などの具体的な値を保持します。絵で描くと、変数様なこういう箱入れ物なんですね。その箱に、データこう変数名が付いているわけです。名前は一応です。ここでは data という名前にしています。この箱が変数なんですね。この data というのは「変数名」です。変数に値を代入できるこの箱の中にね例えば「10」という値を入れましょう。そうすると、この data という変数の値は「10」になるわけです。箱の中に「10」という値が入りました。この箱が変数なんです。この「10」は変数の値です。 これを「代入」といいます。変数に値を代入するといいます。変数は内部的にはメモリ領域に割り当てられるというわけです。こう物理的なメモリですね何処かに入っているわけです。このメモリ、内部的には全部こう番地が割り振れってそれがこれとこの変数と結びつくわけですね。「メモリ番地(byte単位)」で例えば1000番地1000番地に10が入っている仮に data という変数がね内部的には1000番地に取られたそうすると、この値が10ということはメモリの1000番地の値が10だということです。こちらはプログラムで知る必要はありません。プログラムは data という名前でアクセスする場合わけです。次に、「定数」値はプログラム実行時変更できない特殊な変数です。初期化時に一度だけ値を設定することができます。変数宣言にFinalというキーワードをつけます。これは大文字で書きます。これは「規約、慣習」ですね。小文字でもエラーになりませんけれども一応そういうルールです。例えばfinal int MAX_VALUE = 10このMAX_VALUこれが定数ですね。値は「10」であると頭に final というキーワードを作るこれは int 型ですね。 次に、「リテラル」「数字」、数字リテラル整数、浮動小数点例えば10とかね、3.14とかこれはリテラルなんです。10とかね、3.1410進数で書いたり、8進数16進数で書くことができます。例えば「010」と書いたら8進数ですね。8進数の「010」。「0xff」、前に 0x 付いたら16進数です。文字リテラルこれは1文字、日本語も可何ですね。シングルクォートで囲みます。ここら辺、他の言語、C言語とかやっていると文字には日本語入らないですね。でも Java では入るんです。例えば A、半角文字の A ですね数字の「1」とかですね漢字、日本語の「日」とか出ます。これもいいんですね。なぜかというとC 言語なんかでは文字は1byte なんですけれどもJava では文字はユニコードを使っていて2byte なんです。だから漢字も入ります。今度リテラルの「文字列」文字列は複数の文字が入ります。ダブルクオートで囲みます。1文字でも構いません。A と書いてもいいしABC、012345、日本語、文字列です。データの種類サンプル示します。NetBeans を開き新規プロジェクトで Data とします。「プロジェクト名:Data」とします。 それでフォルダですけれども「参照」でここで新規フォルダを作成します。ch04 とします。これを「開く」を選択します。ch04 にします。チャプター4ですね。「終了」とします。それで、ここに色々サンプルを書いていきます。int 型の変数 int0 を作ります。すると、int0 には例えば、整数だと100個代入できます。ここに、8進数/16進数例えば、int0 =8 進数だったら「011」ですね。前に「0」が付いてとこれが8進数です。16進数だとint0 = 0x例えば ff とかこう書くわけですね。16進数です。次に、ダブル、ダブル型の変数「00」とします。ここに値を入れます。例えば、「3.14」とか入れるわけです。次に、定数の例例えば、final int MAX_VALUE = 10であるとこの MAX_VALUE は定数です。文字だとfinal char CHAR_A = " A "であるこれは文字型の定数です。文字型の定数を作ることもできます。文字列は StringS は大文字なんですけれどもString 型の定数ですね。このレッスンでは、Java のデータの種類について解説しました。

Java入門

Javaはインターネットの普及に伴い、今やもっともよく使用されるプログラミング言語となりました。また近年のプログラミング言語の主流であるオブジェクト指向言語の特徴も持っています。このコースではJavaを初めて学ぶ人を対象に、Javaの基礎的な概念やJavaプログラミングの基礎知識を学ぶことができます。

3時間20分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年07月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。