Java入門

配列について

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数の同じ型からなるデータの配列について解説します。
講師:
06:44

字幕

このレッスンでは複数の同じ型のデータからなる配列型について、解説します。同じ型のデータの並びを「配列」と呼びます。配列型の変数宣言の方法は「型[ ] 変数名;」です。例えば、int 型だったら「int[ ] arr;」。そうすると、この arr という変数が配列型になるんです。int 型の配列になります。「new 演算子」これはデータのメモリー領域を確保します。基本データ型の時は必要ありませんでした。でも配列型の時は幾つメモリーを取ればいいのか事前に宣言する必要があります。「型[ ] 変数名 =」この new 演算子ですね。型名ここにサイズを指定します。例えば「int[ ] arr = new int[10];」とかですね。int 型で「10」個分のメモリー領域を確保します。つまり、int は 4byte ですから40byte のメモリーを確保する訳です。次に配列のアクセス方法ですけども「変数名[index]」を指定します。index は「0」からスタートします。「0」からサイズ「-1」です。例えばarr のサイズは「10」です。「0」から、「0」、「1」「9」 まで使えますね。「0」、「1」、あと「2、3、4」「9」 まで使えます。 それぞれ普通の int 型の様に使えます。「配列の初期化」は二つ方法があります。一つは new 演算子で生成する方法です。new で「3」個取ります。もう一つは、「配列初期化子」という方法があります。例えば「int[ ] arr = {10, 20, 30};」これ「3」個の配列を作ってですね値をそれぞれの値が入れてあります。上の方法と下の方法と結果は同じです。この方法ですね「配列初期化子」といいます。「配列型変数」変数はデータの入れ物です。配列型変数は入れ物の入れ物のイメージです。こう int の箱が例えば 4 つあります。これ、この 4 つの int を入れるもう一つ大きな箱、そういうイメージです。「配列型変数」データの場所を示すんですね。配列型変数というのは例えば arrここにはその値が入ってません。実際は別の場所にあるんですね。例えば 4 個分4 個分の配列が別の場所にある訳です。その場所を示してるのが配列型変数です。アクセルは「arr[0]」とかですね。「[1]、[2]、[3]」で示します。配列型変数というのはその配列の場所を参照してるんですね。だから参照型って言います。NetBeans でサンプルを示します。 Array1 というプロジェクトを作ります。int 型の配列「int[ ] arr = new int [10];」ですね。そうすると、arr という変数名でint の「10」個分の配列を作ります。arr[0] に「10」という値を代入します。arr[1] に「20」、arr[2] に「30」を代入します。次に初期化子による方法です。arr1 を初期化子を使って「10, 20, 30」と入れます。これは上の方法と全く同じです。上は new 演算子でメモリーを確保しましたけども下は初期化子でメモリーを確保して同時に値を代入しております。次はString 型の例を示します。「String[ ] str = new String[10];」文字列を「10」個作ります。次に、配列に文字列を代入していきます。「0」番目に「みかん」と入れました。「1」番目に「りんご」「2」番目に「バナナ」と入れてみました。「0~9」まで代入することができます。次に初期化子でやってみましょう。「String[ ] str1」として中括弧で囲ってこれが初期化子ですね。「みかん、りんご、バナナ」と書きます。これ、上の new 演算子による方法と初期化子による方法と、結果は同じです。 こうやって初期化子で作ったものもですね普通に「System.out.println(str1[0]);」とします。実行すると「みかん」と出てきます。続けて、str1の「[0]、[1]、[2]」と続けて実行してみます。「みかん」、「りんご」、「バナナ」ですね。だから、上の方法と下の方法と同じ様にアクセスすることができます。このレッスンでは複数の同じ型からなるデータの配列について、解説しました。

Java入門

Javaはインターネットの普及に伴い、今やもっともよく使用されるプログラミング言語となりました。また近年のプログラミング言語の主流であるオブジェクト指向言語の特徴も持っています。このコースではJavaを初めて学ぶ人を対象に、Javaの基礎的な概念やJavaプログラミングの基礎知識を学ぶことができます。

3時間20分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年07月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。