Java入門

main()メソッドの引数(Mac)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Macでmain()メソッドの引数の使用方法を解説します。
講師:
05:28

字幕

このレッスンではMac で、main() メソッドの引数の使用方法を解説します。プログラムの main に「String[] args」こういうパラメーターが必ず付いております。これの使い方ですね。これは実行時に、プログラムの後にこうパラメーターを書く事ができるんですね。「HelloWorld こんにちは!」スペースが入ってますのでこれは二つパラメーターが付いてます。これを String 配列で受け取ることができます。変数の args はString、配列型です。ここにブラケットが付いてます。今の例だと「0」番目に「こんにちは」「1」番目に「!」が入ってきます。幾つパラメーターがあったかというのは「args.lenghth」で分かります。テキストエディターここでは CotEditor ですけどもMainParamというクラスを作ります。それで、ここのargs[0]、args[1] を表示します。次に「args.lenghth」これを表示します。こういうプログラムを作ります。デスクトップに javaというフォルダを作りその下の コマンドcmd ですねその下に ch05chapter05こういうフォルダを作ってその中に、このプログラムをMainParam.java として保存します。 このクラス名と MainParam のファイル名は全く同じ、大文字/小文字一緒です。拡張子「.java」とします。次に「アプリケーション」>「ユーティリティ」の「ターミナル」これを開きます。ターミナルのカレントディレクトリをこの ch05 にします。ここに「cd」と書いてこの ch05 をドラッグしてくるとそこに入ります。ディレクトリの内容は「ls」で表示されます。「ls」でやると、確かにMainParam.java が入っています。次にこれをコンパイルします。javac MainParam.javaこれでコンパイルします。コンパイルが終わるとここに MainParam.class が入ってます。こちらで 「ls」コマンドで確認することができます。MainParam.classですね。これを実行しますがこれで実行するとこのままではエラーになります。ちょっとやってみます。エラーです。何故かというと、このプログラム引数を見てるので引数がありませんよっていうのでエラーになります。ではそれを書いてみましょう。例えば、Hello World二つ引数を付けました。これで実行してみます。そうすると、「Hello」、「World」「2」と出ました。 最初の引数を表示して二つ目の引数を表示して最後に length ですね引数の数を表示してます。二つの引数の足し算をやってみます。int 型の変数int0、int1 を作ります。ラッパークラス Integer を使ってこの引数の文字列をint 型に変換します。足し算をするのでもう一つ引数が必要です。二つの合計を表示します。保存してコンパイルします。ターミナルを開いてjavac MainParam.java です。コンパイルが終わったら実行します。「java MainParam」例えば「10+20」だったら「10 20」とやります。そうすると上の方は先のそのまま出してるだけですね。この「30」これがここの結果ですね。もう一回やってみましょうか。今度は「11 22」すると「33」ですね。確かに「33」となりました。このレッスンではMac で、main() メソッドの引数の使用方法を解説しました。

Java入門

Javaはインターネットの普及に伴い、今やもっともよく使用されるプログラミング言語となりました。また近年のプログラミング言語の主流であるオブジェクト指向言語の特徴も持っています。このコースではJavaを初めて学ぶ人を対象に、Javaの基礎的な概念やJavaプログラミングの基礎知識を学ぶことができます。

3時間20分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年07月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。